スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:雀

   
 【本日の感想】
 雀
-肌上の猛牌
   著者:櫂末高彰
   挿絵:一葉モカ
 レーベル:スーパーダッシュ文庫
 my評価:A-

横線1
「勝負とは非情なり 勝者は全てを手に入れ 敗者は身ぐるみ剥がされる」
これが校訓の女子校に、女の子に間違われがちな主人公・雀(♂)はなぜか拉致られ、
脱衣麻雀対決に巻き込まれて…!?
男らしさを求める雀は、麻雀初心者の巨乳美少女・喚子とともに
最強軍団「生徒会」に挑む!!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
脱衣麻雀勝負の結果で全てが決まるというトンデモ校訓の女子校で、
体調を崩した双子の姉の代わりに、外見は美少女そのものの主人公・雀(♂)が、
無理矢理代打ちをさせられることになる…といったくだりのお話。
とりあえずタイトルの題字とか、各章の副題が二字熟語だったりとか
完全に某女子高生麻雀漫画のソレですね

うんまあ色々と突っ込みどころ満載の設定ではあるのだけど、
馬鹿馬鹿しくもその分気軽に気楽にさくっと読むことが出来た。
というか雀がこんな事態に巻き込まれたのはだいたい姉の燕が悪い。
その馬鹿馬鹿しさ故のドタバタっぷりも嫌いじゃないし、
ヒロインの喚子の為に男気を見せる主人公…といった展開も
基本に忠実ながらも王道的で悪くない。

ただその分、全体的に悪い意味でも"軽い"というか、展開が急な印象を受けたかなぁ。
あとせっかくの"脱衣"麻雀という要素を活かしきれてない、という印象も。
ぶっちゃけサービスシーンと言える程のサービスシーンないし…;
もっとも女性用下着姿の主人公をカウントしてもいいならそれなりに

せっかくこんな設定なのだから、直接的なサービスシーンがアレだというなら、
もっとこう恥辱に震えるヒロイン達とか、
脱衣のせいで性別バレそうで危機に陥る主人公とか、
そういう要素を詰め込んでもよかったんじゃないかしら;
ていうかそもそもの舞台が女子校だから前者の要素は出しにくいし、
雀も雀で変なとこで肝が座ってるのか後者の要素もないし…;
(女装する事は嫌がってたのに;)
そしてこんなこと書いてると僕が変態認定されそうな気がしてきt
もう手遅れですかそうですか

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

とりあえず僕の麻雀力は4面子1雀頭(だっけ?)を集めて役作れば和了れる…
程度の知識しかないけど(点数計算とか全然知らない)、
そこまで込み入った描写もないので、そういう点で苦になる事は特に無かったかな。
一応麻雀知らなくても読むことは出来ると思う。
(簡易的ではあるけど、初心者の喚子にルールをレクチャーするシーンもあるし)
良くも悪くも、軽く読める麻雀モノ、という印象だったかな。
なんだかんだ書いてはいるけど、作品としては嫌いじゃないです。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。