スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:監獄学校にて門番を

   
 【本日の感想】
 監獄学校にて門番を
   著者:古宮九時
   挿絵:やすも
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A

横線1
“監獄学校”――
国が認めた超危険人物のみを集め、矯正することを目的とした最凶最悪の学校。
就職活動99連敗中、長年地下に引きこもる青年クレトの元に突如届いたのは、
その監獄学校の門番の採用通知だった!
「ようこそ、監獄学校に。ここがあなたの墓場です。……多分ね」
成績優秀な“指輪生”の少女・ジリアの指導のもと門番の仕事を始めるクレト。
だが、羽人・獣人・巨人・竜人・古人、
様々な種族が集まる学校は、まさに無法地帯で!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
第20回電撃小説大賞、最終選考作!

就職活動絶賛連敗中の主人公・クレトの元に、突如届いた監獄学校の門番の採用通知。
一も二もなく…かどうかはわからないけど、
その就職先に飛びついたクレトを待ち受けていたのは…こ れ は ひ ど い。
危険人物(正確には各種族の力の強い人物)だけを擁する学園とはいえ、
挨拶代わりに攻撃を仕掛けてくる生徒やら、ガチで殺しにかかってくる生徒やら、
物騒などという言葉では括れない命懸けの環境に苦笑いするしかない。
門番としてのクレトの面倒を見てくれるジリアを始め、
何人かは(比較的)友好的な態度を取ってくれる生徒もいるけれど、
冷静な毒舌で心を抉ってきたり、自覚のない毒舌(と行動)で心を抉ってきたり、
何も考えてない発言(と行動)で心労加速気味だったりと、
あまりにもクレトの環境が不憫すぎて泣けてくる;
でもクレト自身が割と軽い性格のせいか、
ぶつくさ愚痴は言ってはいてもそこまで深刻には感じてない(ように見える)ので、
不思議と重々しさよりも可笑しさを感じてしまうんだよなぁ。
(まあストレス全開なのは間違いないと思うし、
ガチで殺しに来る連中だけはその限りじゃないけど;)

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。