スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:軋む楽園の葬花少女2

   
 【本日の感想】
 軋む楽園の葬花少女2
   著者:鷹野新
   挿絵:せんむ
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A

横線1
レーヴァンとして葬花少女の能力に覚醒した高校生・葛見は、
葬花少女達と共に未知なる生命体レギオンから
東京クリサリスを解放した、はずだった……。
“外”の思惑によってクリサリス内に留められ、
レギオン残党との戦いを余儀なくされた葛見に対し、
雪野より明かされた世界の真実は絶望的なもので――。
それでもなお、希望と信念を抱き戦い続ける葛見。
しかし、彼と葬花少女達の前に最強最悪の脅威が立ちはだかった!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
葛見がレーヴァンとして覚醒し、
アイリスを撃破しながらもレギオンの脅威は未だ去らず。
新キャラである葬花少女・フィンを主軸とした、痛ましくも絶望的な戦いの中、
決して諦めない葛見達の勇姿に惹きつけられた。

フィンの初登場シーンについては、
なんだか情緒不安定で色々と面倒臭そうで、あまり良い印象を受けなかったのだけど、
彼女も彼女で色々と抱えてるんだよなぁ。
(もっとも、葬花少女で何も抱えてない人間なんていない気もするけれど)
最初こそ葛見に対して非常に攻撃的だった彼女が、
だんだんとしおらしくなっていく様子にニヤニヤしてしまう。
雪野って本命がいるのになに順調にフラグ建築してんですかねこのクズは
なんだけど、時々人が変わったように豹変したりもして、それと同時に不安も募る。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

今回はレギオンとの戦いそのものの他にも、世界の真実(の多分まだ一部)などが判明。
そしてこの手の作品でのお約束とも言うべき、
人間サイドの方でも色々と不穏な動きがありそうな感じで、
今後どのような方向に話が転がっていくのかが見ものです。

横線2
<3巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。