スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:聖剣と邪刀の叛逆者

   
 【本日の感想】
 聖剣と邪刀の叛逆者
01.学園封鎖ゲーム
   著者:岩波零
   挿絵:白井鋭利
 レーベル:MF文庫J
 my評価:B

横線1
「ねぇ龍くん。今夜一緒に学校のプールに忍び込まない?」
ある日の放課後、一年の八雲龍はクラスメイトの七海優希からそんな誘いを受ける。
異能力者が集うこの神城学園は現在、史上最強と名高い生徒会長によって封鎖され、
生徒は学園敷地内に軟禁されていた。
自由を取り戻すには『決闘』で5人の支配者を倒すしかない。
立ち向かう一部の生徒は勇者と呼ばれたが、
『半径3m以内に分身を出現できる』だけでおよそ戦闘に向かない龍は、
その他大勢の観測者の一人だった。
――しかしその日、龍が深夜の校舎で
偶然一本の剣を手に入れたことで学園の勢力図は一変、龍は叛逆者として立ち上がる!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
聖剣と邪刀が切り拓く、壮大な学園バトルアクション、開幕!

異能力者が集められた学園で、その異能を用いて一年二年を軟禁した三年勢。
その封鎖を解く方法は、5人のゲームマスターを倒す事のみ…という感じのお話。
Cランク(最下異能ランク)に属する主人公の龍やヒロインの優希が、
その能力を活用して格上の相手を倒す展開が熱かった。

ただ全体的に見るとちょっと…という部分も拭いきれず。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

個人的な好みでしかないということはわかっているけど、
シリアス部分をもっと重視して、
コメディ部分をもっとメリハリをつけて描かれていれば…と思ってしまう。
きちんと面白いと思えた要素はあっただけに、ちょっと残念だったかな。
(でも著者紹介文やあとがきを読む限り、次巻もきっとそうはならないんだろうなぁ;

物語の最後に不知火から知らされた不穏すぎる情報や、
生徒会長から知らされたどこに敵がいるかわからないという状況など、
それなりに続きが気になる部分もあるんだけどね。

   :

それとこの世界の異能ってどういう基準でランク付けされてるんだろ。
主人公の能力がランクCというのがどう考えても納得いかない;
(直接的な攻撃力によるランク付けというのが一番しっくりくるけど、
そんな狭窄的なランク付けしてなんの意味があるんだろう…という疑問も;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。