スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:俺が生きる意味5

   
 【本日の感想】
 俺が生きる意味5
摩天楼のディザイア
   著者:赤月カケヤ
   挿絵:しらび
 レーベル:ガガガ文庫

横線1
水族館の惨劇から、二か月。
櫛灘学園に編入した斗和は、そこで従姉のかりも、さらには神悠言の少女たちと出会う。
そして幼いころによく遊んだ瞬夏と偶然百貨店で再会。
しかし、その再会は不条理の呼び水だったのかもしれない。
一人前になりたいと願う神悠言の少女、霜月。
斗和に憧れるアイドル、瞬夏。そして、力を欲する斗和。
いくつもの願望と思惑が渦巻き、崩壊のアルペジオを奏でる。
過去最大数の人喰いの化け物が跋扈する絶望のなか、
あの少女の面影を持つ魂を狩る幻想生物が姿を現す。
「──貫き届く刃の意志、発動」

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
今回エロゲ的展開多すぎわらた;
もちろんこの作品であまあまな展開がある訳もないので
どういう方向性での展開かは言うまでもないですね?
しかも被害者アイドルばっかりや…。
(ていうか年齢的に色々と大丈夫なんですかね;)

あとねねねちゃんの格好がえろいでs

   :

二度目の惨劇をくぐり抜け、情報を集める斗和達。
二回もあんな惨劇に巻き込まれたのは災難かもしれないけれど、
事情を知る仲間が増えてきたことは不幸中の幸いだろうね。
ところで青美空さんあんたそんなキャラだったんかい;
加えて笠根木と青美空と中でキタジの評価が大変なことに…;
絶対にそんな大層な奴じゃないからな?
それと笠根木が本命は曽根瓦…みたいな事を言ってるけれどすごく建前臭いでs
なんといっても斗和の右腕(意味深)だからね!

神悠言のメンバーと会うために訪れた百貨店で再び繰り返される三度目の惨劇。
前回で異能ではないにせよ特殊技を身につけ、
幻想生物対策として色々と武器や小道具を持ち歩いていた準備の良さもあって、
始めから戦闘準備OK…という感じではあったけど、
今までの比ではない物量と、多種多様な生物特性と異能のラインナップに
いいように翻弄されてしまう状況が辛いところ。
命懸けの「だるまさんがころんだ」を強いられる中、
追い打ちを掛けるかの如く現れる寧々音。
というか弾数制限なし&超強力な媒体を自分で生成可能とか、
幻想生物Verの寧々音ちゃんチートすぎるわ;
(といっても某殺人鬼様のチートぶりに比べたらまだ可愛いものではある;)

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

正直な印象を述べるならば、今回はパニックホラーというより
異能バトルの側面がより強く出ていたように思う。(もしくはエロg)
そういう意味では、限りない絶望感で押しつぶしてくる前巻までの方が
面白かったかなとは思うけれど、純粋に異能バトルとしてみても、
下手な作品よりよほど面白いという点には舌を巻かざるを得ない。
(もっとも今回もさくさくさくさく人死んでますけどね;)

これまでの惨劇の裏で暗躍してた神々達が大っぴらに出始め、
これからどのような方向に話が進んでいくか非常に気になる所。

   :

今の斗和って職質されたら任意同行待ったなしですわ

横線2
<6巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。