スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:修理屋さん家の破壊神

   
 【本日の感想】
 修理屋さん家の破壊神
   著者:朱門優
   挿絵:まろ
 レーベル:ファンタジア文庫
 my評価:A

横線1
祇良堂ちずには秘密がある。
それは、彼女がモノを壊したとき、世界の法則までも壊してしまうこと。
かくして、彼女の保護者にしてモノの修理に情熱を燃やす少年・類の、
世界を直すための戦いは繰り返される!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
ちずUZEEEEEE!
全体的に考えなし、トラブルメーカーのくせに自分に対してみょーに甘い、
そんなヒロインちずちゃんが非常にウザいのだけれど、
そこが逆に可愛く感じてしまったら負けですかそうですか。(憎めないキャラなのよね;
くそう、制服&エプロンドレス&竹箒のちずは
あざというざいと思いつつも不覚にも甘やかしたくなってしまうではないか!

しかしあれだ、このヒロインどこかで見たことあるような気がしてならなかったけど、
某ファミレス4コマ漫画(アニメでも可)の山○をどことなく彷彿とさせるんだ…;
事ある事に主人公に対して甘やかせーとか言ってくるし、
職場(職場?)に住み込んでるし、意識して見ると、
外観(雰囲気)も割と似てるようなそうでないような(表紙はあんまり似てないけど;

ま、まあ○田に似てるかどうかはさておいても、
そんなちずと生真面目な主人公・類のボケツッコミが楽しい。
類は明らかに苦労してるふうで(実際苦労はしまくりなんだけど)、
ちずに対して容赦ないツッコミも多いけれど、
本人意識してなくても絶対友人として楽しんでるだろうなぁ。
(まあそれは終盤の展開からしても明らかだけど;

それだけならよくあるラブコメの一幕、この作品のそれだけでは済まない点は、
ちずが無自覚に(故意ではなく、という意味で)何か物を壊すと、
世界のルール(常識)さえも壊れてしまう…ということ。
そして類だけはその変革したルールに引っ張られず、
ちずが壊したものを修理することで世界を元に戻すことができる、ということ。
そのせいでちずが何かを壊すたびに、東奔西走しなくちゃならないのが
傍から見ても大変だよなぁ;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。