スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる

   
 【本日の感想】
 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる
   著者:野村美月
   挿絵:竹岡美穂
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A+

横線1
バスケの強豪校で練習に打ち込んでいた詩也。
けれどある日、彼は"人ではないもの"になってしまった……。
人を遥かに超える身体能力を得たため、バスケも続けられず転校したその先で、
詩也はマリア様を思わせる綺麗な先輩に出会い、告げられる。
「わたしと、おつきあいしてください」
――つれていかれた先は演劇部。
そこで詩也は、何と先輩のパートナーとして
ドラキュラを演じることになってしまい……!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
ドラマティック青春ノベル、開幕!!

何者かに刺され、とある吸血鬼の手によって、
吸血鬼化することで一命をとりとめた詩也。
けれどその結果、人外染みた身体能力を手に入れてしまい、
バスケのボールと結婚したい!とまで言うほどお熱だったバスケから
離れざるを得なくなってしまう事が辛すぎる。
死の間際においてまで「バスケがしたい」と言うほどだったのに、
生き延びた結果がこれというのが皮肉にも程があるよなぁ…。

バスケから離れるために無理を言って転校し、
そこで出会ったのは演劇部員で"聖女"とまで呼ばれる長身の美少女・春科綾音。
成り行きで彼女の演劇のパートナーを務めることになるも、
その配役というのがまさかのドラキュラ。
吸血鬼という存在に嫌悪しか持っていない詩也にとって、
偶然とはいえ殆ど嫌がらせとしか思えない配役で、
ド素人ということを差し引いてもまともに演技できない状況が痛ましいといったらない。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

作品そのもののハイレベルな安定感も、さすが野村さんという感じだけど、
やっぱりこの人キャラ描写が上手いよなぁ。
ドレ僕やヒカルもそうだけど、ある程度のあざとさををブレンドしつつも、
決してそれが嫌味やわざとらしさにならなくて、
そのキャラの個性的な魅力として成立させられるのはさすがの一言。
個人的にはカレナ様の出番はもっと多くてもよくってよ?

今回はさすがにというかどうしてもというか、
詩也と綾音がメインという感じだったけれど、今後は妹ちゃんがどう絡んでくるか、
そして詩也を吸血鬼にした張本人の雫は、詩也を通して何を見ているのか、
次のお話もまた、非常に気になるところです。

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~。

野村さんの作品は本当にキャラに感情移入をしてしまいますよね。
カレナ様の出番がもっとあっても良かったという意見には同意です。だって、JOJOみたいにズキューン!!という効果音がついてもよさげなキスをして、アレだけなのは、なんかさみしい......。(吸血鬼の特殊能力?見たいのがあるから仕方ないのかもしれませんが……。)
カレナ様含めて妹にも出番がやってくるのかは気にしたいです。

私のほうの感想でも書きましたが、野村さん仕事しすぎですよねぇ(笑)もっと自分をいたわってほしいものです。・・・ いや、嬉しいんですけれどねっ!(ツンデレ的な何か)

Re: No title

こんばんは、コメントありがとうございます^^

野村さんの作品は本当にキャラが良いですよね。
そしてそのキャラを最大限に活かすシナリオや見せ方など、引き込み方も本当に上手だと思います。

カレナ様いいですよねー。
鼻持ちならない感じもたっぷりですが、意外と押しに弱そうな感じもするのかな?という感じに色々と妄想想像をかきたてらます。まあなんだかんだ言っても、この人は結構良い人な気がしますね。もちろん綾音の魔性(笑)っぷりや妹ちゃんのツンデレ(?)っぷりも素敵なのですが!

ここしばらくは月刊野村美月という感じですね;
確かにこうも刊行が続くと体調面も心配にはなりますが、嬉しいというのもよくわかるだけに複雑な所ですね;

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。