スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ザ・ブレイカー

   
 【本日の感想】
 ザ・ブレイカー
黒き天才、その名は
   著者:兎月山羊
   挿絵:ニリツ
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

横線1
醜い人面皮をかぶり「恐怖の顔」と名乗る謎の男が、
200人以上の学生を人質に高校を占拠する。
交渉人として呼ばれたのは、重犯罪特殊刑務所に収監中の、ある少年だった――。
少年の名はカナタ。彼は、100万人の命を奪った毒ガステロに荷担したうえに、
64人の刑事を殺害した罪で死刑判決を受けている「悪魔」だった。
人質を殺しながら不自然な要求を突きつけてくる凶悪な籠城犯と、
他人の命に価値を見出さない冷酷な悪魔が、手に汗握る知能戦を繰り広げる……!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
表紙のカナタくん人相悪すぎやでぇ;
作中の口絵とか挿絵とかはもうちょっとマシなんだけどなぁ。
(まあ人相悪い事に変わりはないけど

   :

「恐怖の顔(スケアフェイス)」と名乗る男が、
教員全員と一部の学生を見せしめに殺し、残った学生を人質として高校を占拠。
人質を解放する条件として突きつけたのは、「自分は誰か?」という謎かけに、
人質である生徒が回答し、正解すること。
そして史上最悪の殺人鬼である、緋上カナタを交渉人として用意すること。
そして異常者と悪魔の頭脳戦が幕を開ける──という流れ…なんだけど。
実際はなんだか想像していた頭脳戦と違うというか;
状況的にスケアフェイスとカナタの、互いの腹の探り合い、手札の読み合い…
みたいなのを想像してたんだけど、どちらかというとカナタの方だけが、
相手の真意を探っていく…という部分が強かった印象。

という感じで想像とはちょっと違っていたんだけれど、
じゃあ面白くなかったかと言えば決してそんな事はなく。
10時間後に死を迎える(かもしれない)人質となった学生達のサスペンス的な状況、
そのような状況下においても我が物顔で振る舞う札付きの不良・不破ヒロミツ、
何故か不破に良いようにボコられ、主だった動きを見せないカナタ、
そしてスケアフェイスの問いを間違え、惨殺される学生──と、
手に汗握る緊迫展開に一気に引き込まれていった。
しかし不正解者が殺されるであろうことはなんとなく想像がついたけど、
最初の殺され方がマジでエグいっす……。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

ということで前作ラストセイバーより、約一年弱ぶりの新作でした。
冒頭にも書いたように、想像していたのとは若干違う部分もあったけど、
これはこれで非常に面白かった!(あんまり救いの無さげな作風だけど;
あとがきによると「読んでいてわかりやすい見せ方」を意識したとのこと。
あまり意識はしなかったけど、
そこそこページ数がある上、終始シリアス全開な話だったにも関わらず、
読み進めていて疲れることもなく、一気に最後まで読めてしまった点は、
やはり「読んでいてわかりやすくて面白かった」んだと思う。

前作のラストセイバーも結構独特の設定だった割には、
すんなりと読めていった記憶もあるし、
そういう部分を結構意識して書く作家さんなんだと思う。
今作も前作も、作品を作るにあたっての資料を読み込んだらしいし、
そういう部分もきちんと活かされてるんじゃないかな。
(まあ関連資料を読み込むのは創作に携わるプロなら当然なのかもしれないけど;)
いずれにしても作家も作品も埋もれがちな今のラノベ業界、
こういった作家さんがきちんと評価されて欲しいと思う次第です。


横線1
 ■■ 印象に残ったシーン・セリフ ■■

「この場で一番恐ろしいのが誰なのか────"格の違い"を思い知らせてやる」

リセを傷つけたスケアフェイスに対してのカナタの一言。
極悪殺人鬼のカナタが言うと色々と洒落にならない怖さがあるけれど、
それでもなお惹きつけられるものがあるのは、
やはりある種のカリスマ性…もそうだけど、"兄"としての怒りだからか。
妹を大事にするお兄ちゃんに悪い人なんていません!(
横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。