スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:理想のヒモ生活5

   
 【本日の感想】
 理想のヒモ生活5
   著者:渡辺恒彦
   挿絵:文倉十
 レーベル:ヒーロー文庫

横線1
カープァ王国最大の港、ワレンティア港に突如現れた大型帆船。
それは北大陸ウップサーラ王国からの使者だった。
ウップサーラ王国第一王女フレア・ウップサーラと名乗るその少女は、
カープァ王国との国交を求める。
王都を離れられない女王アウラに代役として、ワレンティアの街へ跳ぶ善治郎。
一方その頃、塩の街道では、プジョル将軍の指揮の下、大規模な山狩りが始まっていた。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
前回も公式サイトから↑のあらすじ引用してきて思ったけど、
ヒーロー文庫の公式サイトのあらすじって、文字通りの"あらすじ"という気がする;
(前回程でないにせよ、今回も中盤くらいまでの展開まで普通に書いてあったので、
前回同様一部意図的にカットさせていただきました。)

とまあそれはそれとして。

今回は、カープァ王国の有する海都・ワレンティアが舞台。
ウップサーラ王国の王女・フレアがワレンティアにやってきた事で、
善治郎がアウラの代役を務める為にワレンティアに向かうことになって…という流れ。

一応相手とのやりとりで想定できる範囲の対応は
ほぼすべてアウラと打ち合わせてある…とはいっても、
今回は珍しくアウラが側に居ない状態での善治郎の単独任務。(補佐役はいるけど)
相手側のフレアも自分の立場自体は弁えている上、
交渉についてもほぼ事前打ち合わせの想定内で進むため
そこまで目新しい事態にはならないけれど、
それでも内心は腹の探り合いみたいな様相になっていて、
一筋縄じゃいかない相手だよなと思わせられる。
善治郎にとっては胃の痛い出来事ではあるけれど、
読み手としては今度はどういう対応を見せてくれるのか…という状況に
ワクワクしてくるんだよなぁ。

そして前々巻から少しずつ展開していたチャビエルと群竜のお話。
▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



今回のワレンティアの一件はなんとか無事に一段落ついた感じだけれど、
まだまだきな臭い雰囲気はなくならなそうね。
善治郎の受難はどこまで続くことやら; けどそれが楽しみでもある。

   :

今巻の最後で、侍女のイネスが出くわしたという群竜の死体。
▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

そして毎度恒例のフェー・ドロレス・レテの3人に癒されるー

横線2
<6巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 善治郎はアウラにぞっこんだとしても、もう少し他の女性と絡んで欲しいですねぇ。せっかく新しい女性キャラが出てきても、楽しみが期待できないというか。「フレアが群竜に襲われそうになって、思わず善治郎が結界魔法で助けてキュン!」なんてことまでは期待していませんが、もうちょっとそっち方面でもやきもきさせて欲しいかと。

Re: No title

> よーさん

女性(側室)問題を色々匂わせてる割にはそちらの方面での展開はあまりないですよね;
(政治的な思惑があるにせよないにせよ)確かに善治郎に対してもっとアクティブに絡んでくる女性キャラがいても面白そうですね。個人的にはそれでまた苦労をしょい込む善治郎を見てみたい気もします(ヒドイ
お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。