スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:キリサキシンドローム2


 【本日の読了】
 タイトル:キリサキシンドローム2
   著者:小林三六九
   挿絵:池田靖宏
 レーベル:電撃文庫
 my評価:B

キリサキシンドロームII -イツハリアムネジア- (電撃文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
球技大会で盛り上がる遥彦たちの学校。
しかしそこに現れたのは人々の力を奪う謎の羽虫の群れだった。
黒巫女──不知火杏奈曰く、蟲のアヤカシによるトラブルが最近頻発しているらしい。
一連の事件の関係性を疑う遥彦たちだったが、
そこに“他人に変身する”力を持った人物・多智花千尋が現れ、事態は混迷化し──?

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

あ、コレ2巻出てたんですね(のっけから酷い

前巻は妙にマイナー感が拭えませんでしたし、
続刊も出る気配が無かったので
1巻で打ち切ら終わったのかなーと勝手に思ってました。
そのせいもあってか、というかなんというか。
…ええまあぶっちゃけた話、1巻の内容あんまり覚えてないんですけd


しかし相も変わらずヒロインの彼方がドSですね。
鎌鼬のせいなのでどうしようもない部分はありますが、
随所の斬り裂き衝動発言がおっかないです。キチキチ。
(この辺はなんとか覚えてました)
でも主人公弄りは間違いなく楽しんでやってますよね。
明らかに活き活きとしてます。
まあいいコンビと言えるのかな?主人公大変ですけど。
時々デレるのが可愛い(といえないこともない)です。
主人公がもっと強気で押せば簡単に落ちると思うんですけどねぇ。
…このヘタレ主人公じゃ無理か。

   :

今回は蟲のアヤカシのお話。
突き詰めればヤンデレストーカーと健忘症ボクっ子のお話。
(ヤンデレというほどでもないですけど、便宜上)
文字通り(?)蜘蛛とその蜘蛛の巣に絡め取られた蝶のお話です。
一方的な愛って怖いわー。ヤンデレちゃんには同情出来ない訳でもないですが、
付きまとわれる方はたまったもんじゃないですね。
ヤンデレ化の原因自体はアヤカシにあったとはいえ、
素質自体はあったでしょうしね…。一方的な愛って怖いわー。
まあでも最終的には落ち着く所にオチました、って感じですかね。
根本的な構図は何も変わってないような気もしますが。
…ところでトワちゃんって誰でしたっけ。
(多分1巻で出てきたキャラだと思うのですが)

しかし過去の記憶を捨ててまで別の存在になりたかった、
そう思いつめる過去がどれほどのものかは…想像も出来ませんが、
せめてもう少し描写があっても良かったと思います。
記憶ないからわかんないやてへぺろ、というのは
ともすれば手抜きとも思えてしまいますので。
(作者様の中ではちゃんと設定があるのかもしれませんが)


とりあえず一般人の目には見えないとはいえ、
手のひら大のGの大群って想像しただけで
身の毛がよだちます。嫌すぎにも程がある。

   :

この作品、面白いか面白く無いかで問われたら、
それなりだとは思うのですが、正直物足りなさもあるんですよね。
キャラのやりとりは結構好きなんですけど、
妙に淡々と話が進んでいったというか、
気づいたら話が終わってたというか、
うーん、上手く言えないのですが…。
バトル部分が盛り上がりに欠ける、とか
キャラの掘り下げが甘い…からなのかなぁ?
感覚的な部分なので正直ちゃんとした理由がわかりません(ヲイ
可もなく不可もなく、というよりは
可のような不可のような…というなんか曖昧な感じでした。

   :

「まったく、小賢しいマネを」
三日月はキチキチとカッターを鳴らしながら、
転がっていた遥彦(頭)の髪の毛をつかんでぶら下げ、ブタくんに近づく。


…これ、ヒロインの行動として良いんでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。