スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:"藤壺" ヒカルが地球にいたころ……10

    【本日の感想】
 "藤壺"
ヒカルが地球にいたころ……10
   著者:野村美月
   挿絵:竹岡美穂
 レーベル:ファミ通文庫

横線1
『わたしとあなたがはじまった場所へ。あなたが裏切った場所へ。約束をはたしに来て』
――是光の携帯に届く、"藤乃"から"ヒカル"に宛てたメール。
そこには、紫織子の写真が添付されていた……。
信州に向かい、藤乃と対面した是光。
そこへ藤乃を名乗り紫織子を誘拐した人物の情報がもたらされる。
彼女の真意は何なのか。はたされなかった約束とは。
ヒカルが命を落とした場所で、すべての秘密が暴かれ、そして――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
感動のクライマックス!
なんだけどまず言いたいことは…一朱U・ZE・E☆
前巻で是光がお人好し精神を発揮したが故の事とはいえ
是光への絡みっぷりがちょっと…というか凄くうざいです;
女性陣への毒舌っぷりは相変わらずだし…
まあそれでもどことなくトゲが取れた感じはあるけどね。
夕雨に関してだけは変なツンデレっぷりを発揮している事にちょっと笑った。

藤乃とヒカルの関係は…これは色々な意味で重い。
ともすれば本人が称したように、
二人の愛は"呪い"とでも言うべき程のものなのかもしれない。
けれど決してそれは"呪い"だけではないはずで、
是光がヒカルの今までの事を一心に語るシーンには深く胸に来るものがあったなぁ。
…そして朝ちゃんはいつまでツチノコパークのネタで引っ張られるんですか;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線1
 ■■ 印象に残ったシーン・セリフ ■■

「頼んだよ、是光」
「おう、任せろ!」

ヒカルの残した約束や、是光の恋愛事情もいいけれど、
この二人の友情関連も同じくらいおいしいよなぁ。
是光に確固たる信頼を向けるヒカルと、それに笑顔で応える是光の姿が良い。
これ自体は是光の夢(?)の世界だから、なんて野暮な事はいいっこなしで

横線2
<9巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。