スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ルガルギガム 上

   
 【本日の感想】
 ルガルギガム 上
黄昏の女神と廃墟の都
   著者:稲葉義明
   挿絵:toi8
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A-

横線1
平凡な高校生天城颯也は、ある日突然異境に放り出された。
そこは、神々【ネフィル】が君臨し、魔術や幻獣、怪異が存在する神話の世界だった!
世界を渡る〈星門〉を求め、同じ〈外の者〉の戦国時代の野武士や、
守護天使つきのニューヨーク市警、訳ありの十字軍騎士らと、
〈瘴気〉たなびく廃都【バビロン】の探索に挑むソーヤ。
とにかく家に帰りたい、その一心の彼だったが、
運命の恋人を自称する女神ラクエルによって、思わぬ状況に追い込まれ――!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
基本は最早定番となった現代高校生の異世界召喚モノ。
但し異世界に飛ばされた後の環境がほんと容赦ない。
まあそうそう都合良く召喚後にチート染みた能力が手に入ってるとか、
面倒見の良いヒロインに拾われるとかなんてあるわけもなく、
こういう方が普通ではあると思うけど、それでもやっぱりキツいなぁ。
(もっとも、異世界召喚~そこでの1年間の描写はあまりなく、
その苛酷さについては想像するしかないのだけど)

異世界での生活基盤を手に入れるまでも勿論の事、
生活基盤が手に入ってからも、生活の為に、
そして元の世界に戻る為の<星門>を見つける為に、
幾度と無く化物の蔓延る廃都へ命懸けで潜入しなければならないのだから
キッツいなんてものじゃないよなぁ。
一応、異世界召喚後に不本意的に異能を手にしてもいるけれど、
それを駆使して辛うじて化物と渡り合えるといった程度の上、
異能を使ったら使ったで色々と代償がヤバい事になるのだから
もう踏んだり蹴ったりにも程がある。

そんな過酷で苛烈な異世界生活ではあるけれど、
ソーヤが割と軽い性格なせいか、同じ"隊"のメンバーや、
何故かソーヤにご執心のラクエルなどなど、
他の人とのボケやツッコミを入れながらの軽妙な会話には
ついつい笑わせられてしまう。
まあこんな環境ではあるけど、こういう軽口を叩ける仲間と巡り会えた事は、
不幸中の幸いだっただろうね。
まあこんな軽口叩いてないとやってられない部分もあるのだろうけど。

タイトルに「上」とあるように、
この巻だけではまだなんともかんともな部分が多いのも事実なので
(ラクエルがソーヤを<王>と言って絡んでくる理由とか)、
引き続き下巻を読んでみましょうかね。


横線2
<下巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。