スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:フェアリーテイル・クロニクル

    【本日の感想】
 フェアリーテイル・クロニクル
 
~空気読まない異世界ライフ~1
   著者:埴輪星人
   挿絵:ricci
 レーベル:MFブックス
 my評価:B

横線1
不慮の事故で飛ばされた異世界。
そこには人気VRMMO『フェアリーテイル・クロニクル』と酷似した世界が広がっていた。
ゲーム内で生産職人として高いスキルを保持していた東宏は、
異世界で再会したクラスメイトの藤堂春菜と共に、自給自足の生活を開始する。
武具に薬品に料理に家具に……と、その生産品は留まることを知らず、
ついには異世界に無い物まで作り上げてしまう始末で……!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
モノづくり系異世界ファンタジ-!

最近はこういうMMORPGの世界(又は酷似した異世界)に飛ばされる系も
一般化してきた印象だねぇ。
(この作品も含めて、とりわけWeb小説系列に多い気がするけど)
それも大抵の場合、ゲーム時代と同じ強さを持ってたりする。
本作はそういった系列の中でも、
特に「生産スキル」に焦点を当てたちょっと珍しめの方向性ということもあって、
結構ワクワクしながら読み進めてたんだけど…なんだろうね。
決してつまらなくはないんだけど、正直微妙な印象も拭えなかったというか;

異世界に飛ばされた主人公(と合流したヒロイン)が、
元の世界に戻ることより何はなくともまずは生活基盤を…ということで
高ランクの生産スキルを活かしてあれこれ生産に励む下りは苦笑することしきり、
ではあるのだけど、いくらなんでも適応早すぎじゃないかとも思えたり。
そもそも、いくら自分の見た目がリアル外観になってたからといって、
VRMMOをやってた人間がいきなり異世界に飛ばされた、
という認識を持てる辺りにも性急さを感じなくもない。

まあその辺は個々の感じ方の違い、で濁してもいいんだけど、
それ以前の疑問として、普通に作中で"VRMMO"なんて言葉が使われてて、
それに対して説明が一切無いというのはちょっと不親切かなぁ、とも。
確かに昨今はソードアート某を筆頭として、ラノベ界隈ではよく出てくる単語だけど、
だからといって読者全員が全員それを知ってる訳でもないんだし、ね。
作品の性質上、全体的に説明臭くなるのは止むなしと思うけど、
その割に変なところで説明が足りてないから作中で???となることもしばしば。
(そりゃ大工スキルとか釣りスキルとか、読んで字の如くなスキルはともかく、
エンチャントとか錬金とか、作品によって意味定義仕様が異なるようなスキルに対しては
もうちょっと説明があってもいいと思うの)

と、ちょっと感想が重箱の隅を突付き気味になってしまったけれど。
話の流れとして見た場合も…なんというか、すごく地味。
いや地味という言い方が悪いというなら、スロースターターと言ってもいいのかな。
主人公・宏の生産スキルは、実はこの世界において
世界情勢をひっくり返しかねないレベルにまで達しているのだけど、
宏もヒロインの春菜もその辺りは認識した上で行動しているので、
騒動らしい騒動が起きたりはしない。
更にいうと、宏が極度の女性不信で、
春菜もその辺の気遣いができる優等生な事もあってか、
二人の会話自体も全体的に事務的になりがちで、会話を楽しむ、という部分でも弱い。
素材集めのついでにたまたま死にかけの王女様を助けて、
主要メンバーが増え始めてから&王家のゴタゴタが絡んできてから
騒動という意味でも会話という意味でもようやく面白く感じてはくるのだけど、
王女様を助けた時点で1巻の折り返し地点(ページ数的な意味で)、
王家のゴタゴタに至っては終盤も終盤(というか普通に次巻に続いてる)というのが、ね;

まああれこれ言ってはいるけれど、問題点を集約するなら、

・説明のバランスが悪い
・生産スキル(モノ作り)を、面白さとして感じにくい

ということなんだと思う。特に後者は痛いかな。
宏が高位生産者なせいで、"試行錯誤しながらアイテムを作る"
といった系統の面白みは殆ど無く、
かといって、その世界情勢を揺るがしかねないレベルの生産スキルが、
イベントや騒動に対して行使される事もあんまりなく。
まあ異世界で蕎麦やらお好み焼きやらたこ焼きやらを開発して、
身内に振る舞ってうまーい言うのもそれはそれで楽しくないわけじゃないんだけど、
やっぱりどうしても物足りなさはあるので。
だってこれだけ書いててネタバレ考慮する必要が全くないくらいだもの;

帯コメントによれば、僕が買ったのが第四版、
Web版の方は2013年10月時点で3500万PV突破ということなので、
単純に僕の好みに合わなかっただけなんだろうな、とは思う。
そしてそうは言いつつも、1巻も後半はそれなりに面白かったので、
2巻以降はまた違った感想になるんじゃないかな、とも思う。
(まあWeb小説であったことを考えれば、
必ずしも1巻で区切りが良くなるわけではないという点は仕方ない部分もあるし)
なので2巻は買わない…と断言まではしないけど、
現状ではちょっと続刊購読の可能性は低いかな。

   :

ちなみに本っっ当にどうでもいいんだけれど、
ヒロインの名前見て「藤堂家はカミガカリ」思い出した…。
4巻出ないかなぁ…無理ですかそうですがごめんなさい知ってました。
(注:藤堂家にも全く同じ名前のヒロインが出てきます。
…え?ヒロインは美琴の方だって? まぁそういう意見も無きにしもあらz)

横線1
 ■■ 印象に残ったシーン・セリフ ■■
えーと厳密にはシーンとかセリフでなく地の文であり、
更には"悪い意味で"印象に残った…という部分なのだけど、
どうしても一言申し上げたくなった箇所がいっこだけ。
(一応中身は折り畳んでおきます)

▼▼▼クリックで感想を全て表示▼▼▼



作品の中身に直接関係しない部分で語ってしまって申し訳ない;

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。