スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:墜落乙女ジヱノサヰド

   
 【本日の感想】
 
大正空想魔術夜話 墜落乙女ジヱノサヰド
   著者:岬鷺宮
   挿絵:NOCO
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A

横線1
[號外]“墜落乙女”活キ人形と交戰す。
――昨夜深夜。再び「活キ人形」上野に現はれる。
帝都民に襲い掛るも、此れを屠る謎の乙女現はる。
目撃者談に拠れば高所から墜落せしめ此れを撃退せり――。
時は大正、帝都・東京。
今般、帝都民を脅かすのは、螺子巻き仕掛けの異形の化物「活キ人形」と、
魔術によってそれを悉く凄惨に屠る、異端の少女・墜落乙女――。
彼女を追う少年記者・乱歩が見るのは、
誰をも寄せ付けない少女がその裏に隠した真実か、それとも破滅への道か……?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
大正魔術怪異奇譚、開幕!

時は大正、場は帝都。
街中に現れては無差別に人を襲う「活キ人形」を、
優雅に、典雅に、そして残酷に残虐に狂気的に鏖殺していく「墜落乙女」の姿に
一歩引きながらも惹きつけられるものがあった。
うむ、やはり大正時代には美少女と怪異がよく似合う!(超偏見)

   :

新聞記者として墜落乙女の後を追う、賜ヒ野乱歩。
事件を囃し立てる記事を書こうとする周りと異なり、
あくまでも正しい事実を伝えようと奔走する彼の姿勢には非常に好感が持てる。
本来報道機関っていうのはこうでなくちゃならないんだけどねぇ。
そんな誠実でたゆまぬ努力を惜しまない彼だからこそ、
墜落乙女・蓋シ野サヱカと接触し、
取材を取り付けることができたんだろうなぁ、と思う。

取材という形でサヱカの活キ人形狩りに随伴し、
その緻密で綿密な情報から、記者として評価されていく…のは良いことだけれど、
サヱカと行動し続けていた事によって、サヱカ共々活キ人形事件の黒幕として
冤罪をかけられてしまうのが辛い。
この警視もクズの見本みたいな人間だから、ほんと胸糞悪いといったら。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。