スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:不戦無敵の影殺師

   
 【本日の感想】
 不戦無敵の影殺師
   著者:森田季節
   挿絵:にぃと
 レーベル:ガガガ文庫
 my評価:A

横線1
――この俺、冬川朱雀と相棒の少女・小手毬は
この世に必要とされていない異能力者だ――
「異能力制限法」により、異能力の無断使用は厳禁され、
異能力者が管理されている現代。
異能力が使えるのはTVやエンターテイメントの中で
ショーアップされた戦いを演じる時だけだ。
「暗殺異能」に特化した俺と小手毬じゃ、地味かつ邪悪でTV出演など不可能、
人気も出ないし仕事もこない!
実力だけなら無敵のはずなのに、戦う機会が、異能力を使う機会がない!
「現実」の異能力者たちが交錯する、真の最強異能力者決定アクション!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
世知辛えええええ…。
異能者が普通に認知され、普通の人と現代日本で生活している一方、
「異能力制限法」によって異能の使用が大きく制限されてしまい、
強力な異能を持ってはいても仕事がなく、管を巻くしかない主人公・朱雀が
世知辛くてせつなすぎる。
煌霊なんていう大層な代物(注:美少女)を使役していても、
そんな煌霊がやってることといったら家事全般という
主婦じみたことばかりというのだから、もうね。
………てかあれ、実は朱雀って勝ち組なんじゃないかという気がしてきたんだけど;
明らかに好意を持たれてる同期(美女)と後輩(美少女)に、
毒舌と見せかけてその実かなり甲斐甲斐しい小手毬という事実上の嫁とか
仕事が無いことを除けばもう完全にリア充のソレじゃないですかやだー。

まあリア充云々はさておくとしても、
殆ど仕事は回されず、たまにあっても異能がまったく関係ない仕事だったり、
そのくせ周りの同期や後輩は押しも押されぬ人気異能者なものだから、
そりゃやさぐれもするよなぁ。
しかもそれが、パフォーマンスとしての異能での評価だというのだから、ね。

そんな折に舞い込んだ仕事が、朱雀の本業たる"暗殺"のお仕事。(もちろん非合法!)
報酬が破格だった事もあって、その依頼を引き受けるも、
結局は"殺す"ことができずに、それどころか自分が倒れてしまう事実に、
"殺す"ということの"重さ"を感じてしまう。
理想(?)と現実の壁は厚いよなぁ…。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。