スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:神託学園の超越者2

   
 【本日の感想】
 神託学園の超越者2
   著者:秋堂カオル
   挿絵:NOCO
 レーベル:GA文庫
 my評価:A

横線1
先の神託が終わりを迎え、文乃たちは平和な学園生活を取り戻していた。
そんな彼らの前に現れたのは、元生徒会長にして杏奈の姉、天枷凰華。
凰華の登場で軋み始める文乃と杏奈の関係。消えた筈の超越者の出現。
戦いの裏で進んでいた計画が動き出し、日常の崩壊が始まった。
世界の変革によって奪われる未来と過去。
抗うたった一人の校正者は、遂に物語の神サマと対峙することに!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
超異能×学園バトル、第二弾!

異能も何もない、文乃達の学園生活が非常に楽しい!
前回は杏奈以外は(望む望まないは別として)敵対関係だったことや、
そもそもがそんな日常を謳歌する余裕もなかった…というのもあって、
そういう枷が外れた普通の高校生達のやりとりがより一層楽しく感じられる。
ええまあ、「天断」が無くなって普通になったはずの奏おねーさんは
かえって普通から逸脱しすぎている気もするけれど!
この人は文乃の事を舐めすぎだと思うのです。(物理的に)

そんな所に杏奈の姉・天枷凰華も加わって、文乃と同居する事になったり、
そこに更に奏が乱入したりともうてんやわんや。
でもその状況で平然としている文乃さんがマジぱねぇ。(主に奏に対して)
更にはポロリはないけど水着ファッションショーなんかも開催されたりして、
ちょっとこの主人公爆発したらいいんじゃないですかねえ。
文乃以外の男子生徒が「六行視」か「煉獄蝶々」持ってたら、
確実に爆発させられてるな!
(でも照れ照れな杏奈は可愛かったので一応は許す)
あと流れに関係ないけど、蝶々ちゃんは何故その体たらくで生徒会書記に就任したし;

と、そんな日常が続けば平和だったのだけどそんなはずもなく。
異能が無くなったはずの世界で、
超越者の能力を使う美景原の生徒でもない人間を目撃した所から歯車は再び動き出す。
前巻が終わった時点では「続編は出ないだろうな」と思っていたけれど、こう来るか。
姉には現在進行形で負け続け、そして新たな超越者を前には軽々といなされた事で、
自分を見失う杏奈が歯痒くて、痛ましい。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

と、大部分については大いに満足なのだけど、今回も理解が及ばない部分もちらほらと。
▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

ということで、この作品は今度こそ本当に完結、かな。
風変わりな設定ゆえに粗も感じたけれど、
その設定を始めとし、面白いと思える部分も多く、
良い意味で非常に印象に残った作品だったなぁ。
特にキャラクターについては非常に良い味を出していたので、
次はあまり捻らない方向での作品を読んでみたいかな、とも思う。
(あくまで個人的な希望ですが;)
いずれにしても、今後も注目していきたい新人さんの一人です。

   :

真のツンデレは蝶々じゃなくて白ちゃんだと思うの


横線1
 ■■ 印象に残ったセリフ ■■

「クソババァなんて言うなよお前。お袋さん、めっちゃ美人じゃん。俺全然イケるんだけど。下の名前何て言うの?」
「止めろ渡良瀬てめぇぇぇッ! 俺の身内でそういう話をするんじゃねぇぇぇッ!」

ふみくん…それはさすがに;
白夜をからかうため…だとは思うんだけど、
文乃の性癖を考えるとやっぱりマジなんじゃないかと思えるのが面白すぎる。
そして色々と秘密を暴露される白ちゃんはご愁傷様です;
コレ、前回のラスボスなんだぜ…?

横線2
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。