スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:七星降霊学園のアクマ6

   
 【本日の感想】
 七星降霊学園のアクマ
06 プライド・タン
   著者:田口仙年堂
   挿絵:夕仁
 レーベル:スニーカー文庫
 my評価:A

横線1
「にぃちゃん大好き……だから、食べたいの」
魔王サタンを喰った悪魔・漆号の出現を受け、
生き残った魔王たちの会議に招かれた僕・花村月斗。
ところがそこで、最愛の妹である雪伽が漆号に融合されてしまう!
何よりも大切な存在を失い、さらにはすべてを喰らいつくさんと暴走を続ける漆号が、
両親の生み出した人工悪魔だったことを知り絶望する僕。
人間界と魔界、すべての命運をかけた最凶の「悪魔」VS.「悪魔殺し」の戦いが始まる!

※本誌あらすじより

横線1

◆総感◆
前巻のラストで登場し、魔王を殺してみせた雪伽そっくりの謎の存在。
前巻を読み終わった時点では、もしかして地鶴さん?(若ぇよ;)って思ってたけど…
なるほど、花村夫妻の"忘れ形見"ね。
魔王の一角さえも軽々と殺してみせる物騒極まりない漆号には戦慄さえ覚えるけど、
魔王達さえも持て余す強さであるが故に、
魔王達との交渉の場を設ける機会ができたのは不幸中の幸いと言うべきか。
でもそんな不幸中の幸いの中で、雪伽が漆号に喰われるという、
月斗にとっては最悪の不幸を招くのだから、もうね。
抜け殻というか、自棄というか、そんな月斗を見るのはキツいけれど、
でもそんな月斗に見せる、雅やカグラ、
クラスXのメンバーの気遣いや発破が心に沁みるんだよなぁ。

そして始まる最終決戦。
柱となる漆号と直接戦う月斗&カグラはもちろんの事、
月斗達を全力でサポートする他の学園生や退魔士、
果てはインドラや女王まで手を貸してくれる展開に胸が熱くなる!
人類と悪魔の存亡の危機にこんなこと言ったら申し訳ないけど、
このいかにも総力戦という体にワクワクさせられるんだよなぁ。
月斗と漆号のバトルは文字通りの"喰らい合い"。
華やかさとは無縁で泥仕合そ極まりないのけれど、
それだけに感じられる壮絶さに息を呑まされる。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



   :

ということで、七星降霊学園のアクマはこれにて完結。
長すぎず短すぎず、内容的にもバランスの良いお話でした。
個人的には花村兄妹はもっといちゃいちゃしてくれても良かったのよ?
(そもそもそんな帯コメントに惑わされて読み始めてた気が;)

しかし元々は「黒猫が活躍する物語」だったって;
いやまあ確かに活躍はしてたけども;

横線1
 ■■ 印象に残ったセリフ ■■
▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。