スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ロウきゅーぶ!14

   
 【本日の感想】
 ロウきゅーぶ!14
   著者:蒼山サグ
   挿絵:てぃんくる
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A

横線1
クリスマス直前。昴に振ってきたのは、養護教諭・冬子とのお見合い騒動だった。
慧心女バスメンバーと一緒に冬子の実家の温泉旅館に向かう昴だったのだが──
「ふぁう、昴さんのお顔がすぐそばまで」
「ど、どうして、キ、キスしようと……」
「うへへ、ぽよぽよであったいですなー」
「おー、ひなもおよめさんごっこしたい」
「はぅ、服を着てないと風が冷たくて…」
はたして昴の運命やいかに!?
美星からのクエスト、胸騒ぎの体育祭、慧心学園&七芝高校の文化祭など、
5人の魅力がいっぱい詰まった短編集!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
本編も無事完結したロウきゅーぶ!の続刊。
予想通りというか今巻は短編集で、バスケ成分は控えめだけれど(あるにはある)、
慧心女バスのメンバーだけでなく、
男性陣が色々と(ほんとーに色々と)頑張っていた事もあってか
とても楽しい短編集だった!

ということで以下、短編毎の感想です。

◆慧心がーるず・とらべりんぐ!◆
ミホ姉の誕生日を祝うお話。
というかなんで祝われる側がこんな趣向を凝らしてるんだぜ…;
ほんとに素直じゃないんだからこの叔母さんは。
素直なんだか素直じゃないんだかな昴と美星のやりとりにちょっとニヤニヤ。

しかし昴を引っ越しの手伝いにこき使わせるのは別に良いけれど(良いのか?)、
慧心女バスのメンバーまで手伝わせるなよこの担任…;
や、智花達がそんなことで文句言う訳もないんだけどさ、
智花達とこの老夫妻は面識なかろうに;
ほんと智花達はええ子やわ…。


◆胸騒ぎの体育祭っ◆
まさかの竹中視点での体育祭。
そして非常ーーーーーに珍しい、昴の登場しないお話。
智花達の体育祭、昴ならどこからともなく現れて紳士発言をするかとも思ったのだけど;

智花達の活躍は、まあ今さらどうこう語るものでもないけれど
(真帆と紗季の二人三脚は…;)、
こうして竹中視点で見てみると、彼の苦労性っぷりがよく分かるな!
あとがきで「なんだかんだ言って良い奴」と言われてるけど、
別になんだかんだ言わなくても良い奴だと思うよ、彼?
1巻の時こそ所謂敵役な立ち位置だったけれど、
1巻の時はむしろ女バスより竹中の方が心境的にはよく分かる位だったし、
女バスとの対決だって、一方的に難癖つけた訳でもなく、
きちんと学校の方通して嘆願した結果だったわけだしね。

と、少々話がそれてしまったけれど、何が言いたいかというと…
太陽王子フイタ

竹中…強く生きろ…。
(↓の文化祭でも大変アレな役を任命されてるし;


◆こどもの国のアリス◆
うむ、紳士的に小学生祭を楽しむ為には中学生はスルーしないとな!
と、前巻前々巻のシリアスさの鬱憤を晴らすかのごとく
すばるん語録が埋まっていく展開に軽く引く; 昴さんさすがやでぇ…。
(まあこれがないとロウきゅーぶ!という気がしない、
と思う辺り毒されまくりな気がしないでもない;)

そして智花達の模擬店のウェイトレス指名権を賭けて、
熾烈なバトルを繰り広げる男衆は…すごく…莫迦です。
あとさらっと川原礫作品ネタを混ぜてくるのはやはり同期だからなのかしら;
(以前の巻でもあったし)
そんな熾烈(でおバカ)な戦いを制した男が選択した相手とは──

……やっぱり最近ってそっち方面に路線変更したの?
(↓の文化祭でも大変アレな役を任命されてるし;


◆小学生と文化な祭◆
慧心女バスのメンバーが七芝高校の文化祭にやってくる、というお話なのだけど…

 か え で ち ゃ ん

が全てを持って行きました、まる
…ああうん、珍しく智花達より葵の方が活躍してた話でもあるけど、
かえでちゃんのインパクトが強すぎてそっちの印象は薄かった(酷い
というか、かえでちゃんの挿絵がないのは
どう考えても落丁・乱丁の類 で す よ ね ?(真顔
いや愛莉の挿絵もそれはそれで非常に良いものなのだけど!
(変にわざとらしいサービスカットでもなかったし…まあ表紙はアレだけど;)

ところで慧心女バスのメンバーが、一部でかえでちゃんの呼称を間違えてたのは
所々で地が出てしまった…という解釈でよいのかしら;

   :

さて、かえでちゃんが出たからには、次ははるひちゃんの出番ですかn
(でも実は未だになぜ"かえで"だったのかがよく分かってない


◆温泉決戦大作戦◆
羽多野養護教諭のお見合いに端を発した偽装恋人騒動。
そんな話が巡り巡って、何故かバスケ対決をする羽目に。
長谷川智花(誤字に非ず)vs香椎兄妹という珍しいカードにどうなるかと思いきや、
非常に拮抗したお互いのゲームメイクから目が離せない!
昴と万里が同等の強さとした場合、やはり智花の分だけ優勢になるかとも思ったけど、
全くそんなことはない愛莉の成長ぶりに、
万里でなくても感動にむせび泣きそうになる!(大げさ
何より、色々とめんどくさい事情が裏にあったとしても、
純粋にバスケを楽しんでるから人達だから、より一層試合が面白く感じるんだろうなぁ。

かえでちゃんもそれはそれで素晴らしいけれど、
やはりロウきゅーぶ!としてはバスケの試合が一番だよね!
僕は慧心女バスのメンバーではこの二人がツートップなので一向に構わないけど、
いつぞやの須賀戦といい、一部に格差が生じている気がしなくもない;
(智花が別格なのは仕方ないとしてもね

挿絵についてはノーコメントで;
…まあロウきゅーの短編っていつもこんな感じか;

横線1
 ■■ 印象に残ったセリフ ■■

「ただ、順位を拾うだけではなく、情熱と、誠意で、前に出られなければ。真の勝利とは
いえませんから」
「ふっ、いっぱしの口を。だが、そうでなくてはな。形だけの栄光などに、意味はない。
何かを成し遂げて得られる価値は、あくまで自らの内面の在り方によって決まるのだ」

セリフだけ見れば無駄に格好良い戦いの前口上…なのだけれど、
やってることは小学生ウェイトレスの指名権を賭けての
あっち向いてホイというのがあほすぎる…;
というか昴はともかく、智花パパの方はキャラ変わってませんか;

横線2
<15巻の感想を読む>
<13巻の感想を読む>
<12巻の感想を読む>
<11巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。