スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:聖剣使いの禁呪詠唱6

   
 【本日の感想】
 聖剣使いの禁呪詠唱6
   著者:あわむら赤光
   挿絵:refeia
 レーベル:GA文庫
 my評価:A+

横線1
「貴様が百億なら安いものだ」
フランス支部長・ランクSの黒魔シャルルから突如スカウトされた諸葉。
諸葉は辞退したが、シャルルは不可解な執着をみせる。
魔術結社《太陽の揺籠》を動かし、諸葉本人ではなく実戦部隊を襲わせたのだ。
追い詰められる少年少女たち。
しかし限界を超えた死闘は彼らを新たな段階へと導く――。
謎めくシャルルの真意。そして完全覚醒サラティガを手にした、諸葉の剣聖技とは?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
いやぁ、サツキも成長したねぇ。
諸葉除けば1年の中ではトップレベルだし、ここぞという時の底力は凄まじいんだけど、
正直能力的にはややぱっとしない印象が拭えなかった彼女が、
モモ先輩にガチの勝負で打ち勝てるほどになろうとは。
しかもBランク推薦&実戦部隊の正規メンバーとしてスカウトまでされるとは…
いやほんと、中々に感慨深いものがある。
調子に乗りやすい部分も相変わらずだけどな!
(まあ真面目な話、サツキがぱっとしないように見えるのは、
同じ立ち位置の静乃の実力が頭一つ抜けてるというのもあるんだけど)

前巻でロシア支部の雷帝を下した諸葉の所に現れたのは…
諸葉を勧誘しにきた。フランス支部のトップ・シャルル。
諸葉も心底思ってる事だけれど、ほんとめんどくさいなこの人!
最初は敢えて相手を怒らせて主導権を握る…という魂胆なのかとも思ったけど、
正真正銘素でコレですわこの人;
そして六頭領の連中は揃いも揃って癖者でキワモノな連中ばかりだけど、
エドワードをこいつらと一緒にするのはちょっとエドワードが可愛そうな気もする。
(諸葉にしてみればどっちも大して変わらないんだろうけどさ;)

しかしなにかとめんどくさいシャルルだけど、
ここまで諸葉に固執する事情は、正直切なくもあったり。
この辺りの事情を知った後だと、
そんなめんどくささも結構人間臭いと思えてくるのだから不思議なものだよなぁ。
実際、部下からも露骨にめんどくさがられてるけれど、雷帝とは違って
決して嫌われてる訳でも畏怖されてる訳でもないあたり、結構苦笑してしまう。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

フランス支部とのいざこざは、意外な形で次巻に続いてしまったなぁ。
予告によれば、ここに中国支部の思惑も絡んでくるとの事。
今回ラストの展開は、シャルルにとっての希望か、あるいは絶望か。
アニメ化も決定したことだし、このままの勢いを次巻にも期待したいところだね。

横線1
 ■■ 印象に残ったセリフ ■■
▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<7巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。