スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:百錬の覇王と聖約の戦乙女3

   
 【本日の感想】
 百錬の覇王と聖約の戦乙女3
   著者:鷹山誠一
   挿絵:ゆきさん
 レーベル:HJ文庫
 my評価:A+

横線1
今や《狼》の宗主として押すに押されぬ存在となった勇斗。
だが二年前、この世界に迷い込んだ頃の勇斗は未熟な一人の"少年"に過ぎなかった。
そんな勇斗を成長させたのはフェリシア、イングリットら麗しき戦乙女達、
そして頼れる兄貴分の存在……。
弱肉強食の世界で勇斗はいかにして王に成り上がったのか?
今語られる覇王降臨編《エピソード・ゼロ》!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
現代知識を武器に戦う異世界召喚ファンタジー戦記第三弾!
今回は第〇話ともいうべき、勇斗がユグドラシルに召喚された直後のお話。
いやあこの話が読みたかった!
あと念願叶ってようやくイングリットが表紙ですばんざーい。
(フェリシアとルーネもいるけど…)

   :

現実世界の肝試しの最中、突如として異世界に飛ばされた勇斗。
最初こそ本物の異世界召喚にテンションMAXなものの、
よくある王道展開の様に特別な力が備わっているでもなく、
ルーネにボコボコにされるわ、まともな食事も取れない劣悪な環境だわで、
どんどん凹み気味になっていくのが辛い。
特に食事事情は深刻だよなぁ…。
生きる以上は食べない訳にもいかないけど、
食べたら食べたでほぼ確実に腹下すとか、殆ど嫌がらせにも等しいし。
先に"まともな食事も取れない"とは書いたけど、
ユグドラシル的には普通の食事であり、
あくまでも現代育ちの勇斗には合わない(恐らくは衛生的な面で)というのがまたね…。
いっそほんとに嫌がらせならまだ納得もいったのかも知れないのに。

そして満月の夜に一縷の望みを賭けて元の世界に戻ろうとするも叶わず、
フェリシアに当たり散らす姿がまた痛ましい。
確かに勇斗のやってることは八つ当たりに過ぎないけれど、
たかだか14歳の現代日本人が、偶発的にこんな環境にさらされれば
こうなるのもやむを得ない部分もあるよなぁ。
とはいえファールバウティにその事を指摘された後、
素直に自分の非を認める事が出来る辺り、
なんのかんので真面目で冷静なんだよね、勇斗って。

それまでは己の運命に悲観するだけだったけど、
必ず元の世界に戻る事を決意し、とりあえずは目の前の第二の家族を守るべく、
行動を開始してから更に面白くなってくる。
技術的には現代と比べるのも烏滸がましいレベルのユグドラシルにおいて、
勇斗が現代知識を武器に、様々な貢献ををし、
信頼を重ねていく様子にじわりと来るものがある。
(実際はだいぶ端折られてた部分もあるけど)半年間も試行錯誤を繰り返し、
遂に鉄の精錬に成功した時は思わずニヤリとしてしまった。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



前回のスティンソールが生きてるかも(というか実際生きてる)…というだけでも
頭痛の種だというのに、また他に厄介そうな相手が出てきそうね。
しかしあれだけ毛嫌いしてる人間が持ってきた技術を使うとか、
言ったら悪いけど更に小物感が加速してる感じが;

横線1
 ■■ 印象に残ったセリフ ■■
▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<4巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。