スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ロムニア帝国興亡記2

   
 【本日の感想】
 ロムニア帝国興亡記Ⅱ
-風車を回す風-
   著者:舞阪洸
   挿絵:エレクトさわる
 レーベル:ファンタジア文庫
 my評価:A

横線1
帝国全土を駆け巡った“皇帝崩御”の報せを受け、群雄たちが動き出す。
皇位継承権を巡る皇子たち、帝国海軍を率いる女傑、帝国最強の将軍――。
兵なき僻地を治めるうつけ皇子がとった生き残りをかけた奇手とは!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
緊張感がない! いや主にサイファカールの周辺の人達がね?
初めからサイファカールに付き従っていた面子に加え、
赴任先のアル=アラの面子も加わってもう何が何やら;
女三人寄れば姦しい…とは言うけれど、騒がしいにも程があるなと苦笑。
すーぐどつき漫才おっぱじめるわ、サイファカールの奪い合いおっ始めるわ、
この人達には緊張感というものがないのかと;
(まあどつき漫才おっぱじめるのは主にリリィとザネッティという気もするけど;)
とはいえそれも彼らの強みでもあるのかな。頭痛の種でもあるんだろうけど;
とりあえずサイファカールの奪い合いにさりげなくメイド弟が参戦している件について。

皇帝の突然の崩御で、色々と不安定な状況ということもあり、
様々な勢力の思惑が絡み合ってきているのが面白い。
前巻はサイファカールのアル=アラ赴任というか逃避行というかがメインだったけど、
サイファカールと皇太子(宰相)以外にも第四皇子や第二皇女等々、
前巻より視点の規模が大きくなり、
これぞ戦記もの!という様相になってきて非常にワクワクしてくる。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼


   :

どうでもいいけど第二皇女サマは皇女というより海賊と言われた方がしっくりくる;

横線2
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。