スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ミニッツ3


 【本日の読了】
 タイトル:ミニッツ3
   著者:乙野四方字
   挿絵:ゆーげん
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

ミニッツ3 ~神殺しのトリック~ (電撃文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
守垣内兄妹とのゲームバトルに勝利し、迎えた夏休み。
相上櫻と琴宮遙は『お弁当対決』という名の
イチャラブバトルを繰り広げては互いに赤面する、
傍から見ればバカップルにしか見えない
相変わらずの日常を過ごしていた。
そんなある日、穂尾付図書館が謎の集団に占拠される。
人質として囚われた彼方とアザミ。茉莉からのSOS。
彼女達を救うため、櫻が創作遊戯研究会の指揮を執る!

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

お前らもう付き合っちゃえy

いえもう今回の話を読んでて幾度と無く思ったことです。
櫻と遥のやりとりがもうね。
お互いがお互いに皮肉だったりバトルだったり
意地の張り合いまくりで一見すると犬猿の仲に
見えなくも無いこともあるかもしれない2人ですが、
どう見てもじゃれあいです。バカップルです。
公式サイトの紹介文に書かれるくらいです。
そんな2人のやりとりがもう面白い以上に
色々とお腹いっぱいです。

「私の方が、ずっと相上君の事を好きよ!」
「俺の方が、ずっと先輩の事を好きです!」


実際は色々と思惑が無いことも無いセリフですが
いいからもうお前ら付き合っちゃえy

ちなみにコレ、茉莉とヒコハゲ先輩にも宛ててますからね?
夏凪、珍しく意見が合ったな。
でも茉莉は櫻が気になるようで…
ハゲ先輩の方がお似合いだと思うんですけどね。
ハゲ先輩のセリフの端々に秘められた思いを感じます。
てかハゲハゲ言うなって話ですね。

   :

とりあえず今回の個人的MVPは夏凪とハゲ先輩とアザミ親衛隊で。
258P~260Pのシーンに胸が熱くなりました。

本筋についてはネタバレ大につき、折りたたみ記事で。

―――――――――――――――――――――――――
櫻やアザミ親衛隊への襲撃、彼方とアザミの誘拐など、
ミニッツにしては物騒すぎる展開にちょっとハラハラ。
その先に居たのは…またお前らですか。

今回のゲームは「クレタ人の朗読会」。
ルールだけ見た時は、なんか正直只の二択クイズじゃね?
と思ってしまいましたが。
チームでやると一気に心理戦要素が増して、かなり面白くなりますね。
櫻と遥と芽明の心理戦が熱いです。
明芳?こいつは今回何にも考えてません。芽明に頼りきりですので。
惜しむらくはその点でしょうか。

そんな只の二択クイズに仕掛けられた芽明の罠は…
さすがにちとゲームとしては破綻してるよなぁと思いつつも、
櫻を負かす為だけに芽明が考案したゲームなのでそれも止むなしでしょうか。
もっとも、櫻と遥の方が一枚上手でしたけどね。
罠を読んだ上での櫻と遥の立ち回りは見事の一言です。

「……俺と琴宮先輩が一緒に戦うのは初めてだけど」
「負ける気がしないね」

「……そうね、その通りだわ」
「自分で言うのもなんだけど……私達、穂尾付学園で最も敵に回しちゃいけない二人組よ」


だからもうお前ら結婚しr

   :

またしても敗北を喫した守垣内兄妹ですが、
櫻の言葉で変わってくれることを願いつつ。
今回の行動はおよそ許されることではありませんが、
悪人…というのとは少し違いますしね。
まあ兄の方は色々と難しそうですが。

ところでこの作品のラスボスって田辺でいいんでしょうか。
なんか色々暗躍してますけど…。

   :

この作品、巻を追うごとに面白くなってますね。
正直1巻は個人的に微妙だったのですが、切らなくて正解でした。
「ゲーム小説」としては2巻の方が上かな?という気もしますが、総合では3巻ですね。
正直ワルツの13番は難しくてついていけなかったので。
まあ僕が馬鹿なのが一番の問題なんですけど;

しかし馬鹿といえば、今回は「馬鹿と天才ゲーム」の使い方が
面白かったですねぇ。ゲーム単体だと正直微妙ですけど(1巻好きな方ゴメンナサイ)、
こういうのなら断然アリですね。

否が応にも続刊が気になる作品ですが、
なんか終わり方が最終巻っぽいです…?( ゚д゚)
あとがきを見る限り、そういうわけではない感じですが、
売上次第という感が言外に見受けられます…あんまり売れてないんですかね、コレ。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。