スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:オレを二つ名で呼ばないで!5

   
 【本日の感想】
 オレを二つ名で呼ばないで!5
   著者:逢上央士
   挿絵:COMTA
 レーベル:このライトノベルがすごい!文庫
 my評価:A+

横線1
破壊されてしまった学園祭用のセットを連日泊まり込みで作りあげ、
お祭り気分で迎えた学園祭。
入念な準備を重ねたことで盛り上がりを見せるが、二つ名システムに不具合が発生し、
学園生徒の二つ名が入れ替わってしまう現象が発生!?
「二つ名体験会」で一時的に二つ名能力を身につけた来場者も巻き込み大混乱状態に!!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
前巻で遂に亘にもフラグが立ったよ!
…と思ったけどこれは完全にヤバい方のフラグですな。
隠しようもないヤンデレ臭が如実に立ち上っておるわ…。
亘の明日はどっちだ!? もっとも例によって当の本人は気づいてないんだろうけど;

   :

という事で前回の学園祭準備に引き続き、今回は学園祭本番!
だというのに、学園の二つ名システムにトラブルが発生して、
学園生達の二つ名が入れ替わってしまうという事態が発生。
…なんというか、トラブルに事欠かない文化祭だよねぇ;
学園生達からしてみれば、学園祭に使うべき二つ名能力が使えなくなったりして
てんやわんやもいいところなんだろうけど、このトラブルがなかなかどうして面白い。
二つ名が入れ替わった…とはいっても、入れ替わったのはあくまでも文字だけ、
読み方と能力は入れ替わり先の人間ナイズされたものになるというのが
見ていて物凄く楽しい。(完全に他人事視点です;)
当人達が意図しない二つ名になったせいか、
その能力は大抵が酷い物だったりするんだけど…

郷 田 の 能 力 が 酷 す ぎ る ;

なんでよりによって郷田へ入れ替わった二つ名がソレなんだ;
仕事場で読んでたのに(昼休みです、念の為)思わず噴きそうになったよ;
そりゃ一叶もくずおれるわ。
もう最近の郷田さんは全力で笑かしにくるから気が抜けないぜ…。
酷いと言えば玉田の能力も大概でしたなあ; やっぱり玉田の需要はそっち方面なの!?
(そういえば玉田の能力解説のアレは誤字ですよね…)

まあそんな感じで学園生内だけでコントやらかしてる内は良かったのだけど、
二つ名体験をしていた一般客にまで入れ替わりが及んでいて、
副次効果でリミッターが外れてそこかしこで暴走が始まったというのだから
気の休まる暇もないよなぁ。
でもそのトラブルを上手く収める為に、学園祭のイベントとして利用しようという新は
さすがと言うべきかしたたかと言うべきか。
全員が全員不慣れな能力であるにも関わらず、お互い上手く連携して、
圧倒的に数で上回る暴走一般人ズを相手取るツナ研メンバー達に胸が踊る。
しかし連携するメンバーもさることながら、
初見の能力を短時間で上手く組み合わせた新の采配は見事と言うより他ないな。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



今巻のラストの、新の発言の真意は如何に──。

   :

ちなみにどうでもいいんだけど、今回の新と辰巳のバトル、
なんとなく某付け焼き刃さんと某贋作工房さんを思い出したのは僕だけだろうか;
(このネタを知ってる人がどの程度いるかはさておいて;)
いやこう、劣化と完全再現という意味でね…立場は逆だけども;


 ■■ 印象に残ったセリフ ■■
▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。