スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:暗号少女が解読できない


 【本日の読了】
 タイトル:暗号少女が解読できない
   著者:新保静波
   挿絵:ぐらしおん
 レーベル:スーパーダッシュ文庫
 my評価:A

暗号少女が解読できない (集英社スーパーダッシュ文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
転校早々、自己紹介で大失敗をし、
クラスで孤立してしまった少年・西村。
孤独と戦う彼に唯一話しかけてくれた美少女・沢渡遙かから
突然の告白と共に渡された手紙。
そこに書かれていたのは愛の言葉……ではなく、
なんと暗号文! 男子生徒憧れの存在・沢渡さんは
暗号に情熱を傾けるちょっと(?)不思議な女の子だったのだ!
沢渡さんの難問奇問は西村とその妹や幼なじみまで巻き込み、
必要以上にスリリングな学園生活が幕をあける――
沢渡さんの手に掛かればパンツだって暗号になる!?
そして西村は謎だらけの暗号少女の心を解くことができるのか!?

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第11回スーパーダッシュ小説新人賞大賞受賞作。

ヘタレでスカートフェチで記憶力だけが取り柄の主人公が
痴女で暗号マニアなマイペースヒロイン+その他に振り回されるお話。
あんまり間違ってないから困ります。

暗号系ミステリ…というよりは、ラブコメ時々暗号、といったところでしょうか。
主人公がヒロインの遥を始めとするありとあらゆるキャラに弄られつつ
合間合間に暗号が挟まれてる感じですね。
ヒロインズと主人公のやりとりが面白いです。
しかし主人公のカーストがあまりにも低くて不憫に思える部分も。ホロリ。
遥と和希に挟まれた主人公はさながら龍虎対決に巻き込まれたチワワか何かです。
我ながら実によくわからん例えですが。

まあ別にいいんですよ、カースト低くたって。
ヒロイン×2に好かれてりゃ十分にリア充ですよ。
つうか妹(JC、かわいい)がいるだけで勝ち組ですよコンチクショウ。
加えて妹とデートに行くとか。
妹とデートに行くとか。(重要なのでry
挙句妹と下着ファッションショーとかなにこの変態兄貴。
いいぞもっとやれ。でも殺人料理は勘弁です。

そしてメッセージカードに未来を見通したかのような文面を書く
遥が色々とすごすぎます。
そのうちラジカセで会話とかするんじゃないでしょうか。
実にクールです。
(自分で書いてて何ですがこんなネタ知ってる人いるんでしょうかね)

しかし暗号を解かせるだけなら、チコに場所まで指定する必要はなさそうな。
この順番通りに渡してね、で済みそうな気がするんですが。
某賃貸ボディーガードの真似事をするには必須ではありますけど。

ほんとは自分が行きたかったデートコースだったんでしょうね。
とか言って本当に某ボディーガードの真似事の為だけだったら泣きます。

   :

暗号について。
基本的に全て文字ベースの暗号なので、
読者側に考える楽しみがあるのはいいですね。
(最後のエピソードのだけは読者は解きようがないですが)
僕の場合どうせ考えてもわからないので思考放棄しましたけど(作者様スミマセン)。
とりあえず第二話の最初の暗号は解答以前に遥さんまず服着て下さい。

   :

正直店頭で見かけた時はなんとなく地雷臭がしてたので
買おうかどうかかなり迷ったのですが(重ね重ね作者様スミマセン)、
実際読んでみたらなかなかに面白かったですね。
個人的にはもうすこし暗号の比率が高くてもいいかな?とも
思いましたけど、まあこれはこれで。
(というかどうせ思考放棄する癖に何言ってるんだって話ですね)

ちなみにあとがきの暗号の解答は
ももクロのDVD全集
ですね。
ご友人の言うことも納得ですが、
まあ逆にこういう副収入でないと買いにくいかもしれませんね。
それとMバーガーさんの新商品、なんという偶然かわかりませんが、
丁度この感想(の下書き)を書いている前日に頂きました。
おいしかったですよ…財布には厳しいですが;

   :

「いやだって、ぶっちゃけ学園ものといえばとりあえず部活っていうのは
お約束じゃないですか。SOSとか古典とか隣人とか奉仕とか」


古典をそれらと一緒にするのはさすがにあんまりな気がします。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。