スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:魔王殺しと偽りの勇者2

   
 【本日の感想】
 魔王殺しと偽りの勇者2
   著者:田代裕彦
   挿絵:ぎん太
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A+

横線1
《勇者候補》も残すところ、不死身と噂される《傭兵》と、
かつて王宮に勤めていた《大魔導師》の二人となった。
この中に魔王を倒した真の勇者がいる――
すぐにでも行動を起こしたいエレインだったが、相も変わらずユーサーの腰は重い。
そんな態度にしびれをきらし、
エレインは一人で〈傭兵〉ダリオンに会いに行くのだが……。
各人の思惑が錯綜する中、すべての事柄はひとつに繋がり、
隠された真相が浮かび上がる――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
証言の矛盾を突き、嘘を暴く疑惑のミステリアス・ファンタジー後半戦!

4人の勇者候補の内、聴取を残すは残り半分。
否が応でも高まる緊張感──なのだけど、
生真面目で堅物で何かと騙されやすいエレインと、
飄々として人を食ったかのような態度のユーサーの掛け合いが
相も変わらず楽しすぎる。
絶対的な信頼に裏打ちされた相方同士、という関係もたまらなく好きだけど、
こういう噛み合ってるんだか噛み合ってないんだかわからない正反対の二人というのも
それはそれで非常に美味しい感じで大変よろしい。
(前巻の感想でも同じようなこと書いたねそういえば;

ユーサーの不真面目な態度にぶつぶつ文句を言いつつも、
なんやかんやでユーサーの発言には信頼を置いているというのも良いし、
いざユーサーに意見を求められた時には、
自分の発言でユーサーを呆れさせたんじゃないかとビクビクしながらも、
発言を肯定されると内心喜ぶエレインちゃんは犬っぽくて非常に可愛いですね!
ナデナデしたい

   :

そして魔王殺しの犯人の正体。
(いや正しくは犯人じゃなくて勇者なんだけど、便宜上犯人と呼称)
幸いにして(?)、本物の犯人が件の4人以外にいた…
というオチはなかったので安心したけど、
犯人当ての流れについては正直ちょっと地味だったかも;
まあ元々、容疑者の証言から検証・推理を重ねて真相を暴く──
という流れの作品だから展開が派手になる訳はないんだけど、
針の穴の如き嘘を見抜き、そこから一気に犯人を導き出す…
というような感じではなく、単純な「消去法」で犯人を決定づけてるので、
そういう印象が拭えなかったのだと思う。
つまらない訳ではないけど、カタルシス的な爽快感がないのは気持ち残念だったかも;

…もっともそれは、あくまで"犯人探し"に焦点を当てた場合の話。
"真相"に焦点を当てた場合は、また全然印象が違ってくるのが面白い。
何故、勇者候補達は大魔王を倒したなどと嘘をついたのか、
何故、国王は本物の勇者を探しだそうとしたのか、
何故、百年毎に大魔王が復活するのか、
そもそも、大魔王タラニスが行おうとしていた儀式とはなんだったのか──。
勇者候補の証言を検分していくのも勿論面白かったけど、
この辺りの真相が見え始めてくる後半は、
エレインの自分で行動し、真相を掴もうとする成長ぶりもあって、
面白さに一層拍車を掛けるんだよなぁ。
そして物語の"真相"を含めた上で"犯人"の事を考えると、あまりにもやるせなく、
運命の皮肉と言うものを感じてしまう。

   :

一応この物語については「エレインの調査報告」を以って終わっているので、
それから国王が、魔族側が、どういった行動に出たのかが
不明で終わってるのが残念といえば残念だけど、大いに楽しませてもらいました。
なによりやっぱりエレインとユーサーの関係がイイネ!
今後タイトルは変われども、続刊の構想はあるとの事なので、
次なる二人の活躍に期待したい。…んだけどそれも売上次第というのが世知辛い;

 ■■■■■


「よし、決めましたよ」
「そ、そうか……やはり、ぬ、脱いだほうがいいか?」
「は?」

本物の勇者の正体に気づきながら、それを頑なに語ろうとしないユーサー。
そんな彼が真相を語るかわりの条件をエレインに突きつけようとした一幕。
エレインのその妄想たくましさに笑いが止まらない。
またまたぁ、ユーサー相手だから脱ぎたいんだろう?と
ニヤニヤしながら下卑たツッコミを入れながら読み進める僕なのでした(最低

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。