スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:はたらく魔王さま!10

   
 【本日の感想】
 はたらく魔王さま!10
   著者:和ヶ原聡司
   挿絵:029
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A-

横線1
恵美と芦屋を連れ戻すためエンテ・イスラへやってきた真奥と鈴乃は、
皇都蒼天蓋に近づいていた。
その頃、恵美の元に悪魔大元帥の姿を取り戻した芦屋から手紙が届く。
手紙の暗号を解き明かした恵美は、真奥たちがエンテ・イスラに来ることを知り、
勇者として再び立ち上がる決意を固めるのだった。
一方、恵美達の近くまで来ていた真奥だったが、
エンテ・イスラに来てからアシエスとうまく融合できないため、
鈴乃からは戦力外扱いされていた。
仕方なく千穂へのお土産を物色していると、同行していたアシエスに異変が起こる。
同じイェソドの欠片であるアラス・ラムスに
何か危機が迫っているのではと考えた真奥は、
地球から持ち込んだスクーター「機動デュラハン参號」を爆走させ、
恵美達のもとへ向かう!
いつもより庶民派成分控えめの、緊迫のエンテ・イスラ編!
悪魔と勇者、そして天使と人間の戦いの行方は!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
エメラダが普通に喋ってる…だと!?(今巻一番の驚愕)

   :

エンテ・イスラ編、完結。
面白いは面白かったと思うんだけど、
個人的にはやっぱり「魔王さま」らしさがちょっと足りないかなぁ、という印象。
まあ真奥がバイトのシフト気にしてたり、スクーターでBO-SOしてたり、
エンテ・イスラで冷奴とミョウガの認識がとんでもない事になってるあたりは
実に魔王さまっぽいし、見ていて楽しいんだけど、
それでも全体的にシリアスな空気は多めに漂ってるものねぇ。
加えて言うなら、今回の一連の出来事の背景理由がはっきりしなかった事も
物足りなさに拍車を掛けてるかな。一応黒幕っぽいのは出てきたけど、
結局出てきただけで終わっちゃった感があるし。ううん、もやもやする…。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



…ガブリエルに明日はあるのか;

横線2
<9巻の感想を読む>
<8巻の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。