スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:アリストクライシ2

   
 【本日の感想】
 アリストクライシⅡ
Dear Queen
   著者:綾里けいし
   挿絵:るろお
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A

横線1
「黒森に近づく人間は姿を消す」
その噂に『穴蔵の悪魔』の気配を感じたエリーゼとグランは、
黒森の中にあるという廃村を目指していた。
そこで出会ったのは明るく居丈高な少女・アリシア。
エリーゼの忠告で逃げだそうとした彼女を、突如として現れた巨大な鎧が連れ去った。
鎧を追い『領地』へ侵入した2人が見たのは、傷は治され死も終りも訪れない、
永遠に続く『戦争』を行う人間達だった――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
儚く哀しい化け物たちのダーク・ファンタジー第二幕。

とある廃村に向かっていたエリーゼとグランが侵入した『領地』。
そこで行われていた、東西に分かれた人間達が、
戦争を延々と繰り返す光景に怖気が走る。
即死で無い限り、怪我は「穴蔵の悪魔」によって癒され、
戦争が永続していく様は、エリーゼが口走ったように拷問以外の何物でもないよなぁ。
だからといって"戦争"を行わなければ、"鎧"による制裁があるのだから、
本当に質が悪いと言ったらない。

そんな状況で、誰しもが唯々諾々と戦争を続ける中でも、
支配者に対して反旗を翻そうと着々と準備を進める人達もいて。
エリーゼ達が迷いこんで来た事を呼び水に、
一気に攻勢に出た時は胸が震えた…けれど…
その無情な結果にやるせなさを覚える。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



 ■■■■■

「……………なるほど。普通の食材と変わりませんね。よく再現されている」
「ああ、その通りだ。違いは特にわからない」
「………………ただし、猛烈にまずいですが」
「なるほど………君が言うのだから、その差異は、恐らく重要な情報なのだろうな」

『領地』での食事。食事においての美味い不味いは重要な要素だけれど、
エリーゼが言うと"ものすごく"重要な要素に聞こえる事に噴き出してしまう。
グランもエリーゼを完全にはらぺこキャラとして認識してるよなぁ;

   :

「───────あぁ、なるほど」
「───────────最悪ですね」

どれだけお互いが傷を負っても癒やされてしまう。──それが即死でなければ。
そんな終わらない戦争を終わらせる為の条件は…まあ最悪以外の何物でもないよねぇ。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<3巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。