スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:リーディング・ブラッド3

   
 【本日の感想】
 リーディング・ブラッド3
鬼神の因果
   著者:田尾典丈
   挿絵:梱枝りこ
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A-

横線1
魅花、奈巳、凜々との同棲生活も平穏にみえたが、魅花の様子がおかしい。
改めて彼女の真意を聞こうとした矢先、鬼神を倒す方法が判明した。
鬼にしか取り出せない "核" を破壊すること。
危険な方法だが、鬼神を倒せなければ、凪紗も少女たちも因縁に囚われたままなのだ。
だが、決意する凪紗を躊躇わせるよう、武士と鬼の歪められた真実が明らかになり――
全てを断ち切り、少女たちに真の幸せをもたらせるのか!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
血統アクションコメディ激動の第三弾!

ぶは、幽徒との<一子相伝>(未遂)きたあああああ!!
いやまあね、今まで封印し続けるしかなかった鬼神を倒そうという言うんだし、
少しでも戦力増強を…という幽徒の理屈は至極真っ当だし、理解もできるんだけど、
<一子相伝>の手順等を知った上で大真面目に「どうにかできないのか」とか言っちゃう
幽徒にはやっぱり笑わずにはいられない。もう幽徒もハーレムにいれちゃえy
(まあ一応フォローしておくと、
<一子相伝>について知ったからこそ真面目に相談してるんだけどね;)

……………しかし本当に幽徒相手でも出来るんだ;

   :

戦力増強の見込みが立ち(未遂ですが)、打倒鬼神の算段が立ってきた凪紗一行。
そんな中、前回暗躍していた八嶋と再開することで知ることになった真実は、
意外であったと同時に、ああやっぱりそういうオチか、と非常にしっくり来た感じ。
しかしそう考えると、打倒鬼神を持ちかけた幽徒ってほとんど救世主ってことだよね;
凪紗自身も打倒鬼神自体には乗り気だけど、
言われなければ倒そうなんて思わなかっただろうし。
ぶっちゃけ幽徒の方が主人公っぽいとか言ったら怒られるかしら;
今までのやり方に異を唱えて活路を見出す、って大概主人公の役目だし。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



次は○○編…と予告されつつも、
続刊が出るかは売上次第という非常に世知辛い大人の事情があるのが辛い所。
出るかどうかはさておき、次も凪紗達の話になるのか、
意外と次の世代の話になるのか、気になる所ではある。

   :

しかし幽徒は1巻に比べてかなり親近感のあるキャラになったよね。
エロ本をどこに隠しても母親に見つけられて捨てられる、とか
それで学校に丁重に隠してあったり、とか凪紗に秘蔵の作品を薦めてきたり、とか
妙に俗っぽくて噴き出してしまう;
むしろ普通は室道あたりがその辺の役どころなイメージだしね。


横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。