スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ベン・トー11

   
 【本日の感想】
 ベン・トー11
サバの味噌煮弁当【極み】290円
   著者:アサウラ
   挿絵:柴乃櫂人
 レーベル:スーパーダッシュ文庫
 my評価:A+

横線1
半額弁当バトルに青春を賭ける佐藤洋は魔導士に拒絶され、涙する槍水を見て以来、
HP同好会の部室へ向かう足が遠のいていた。
そしてその夜を境に佐藤、槍水共に弁当の奪取率が急激に落ち込んでしまう。
この状況を変えるために、白粉は一人魔導士へ戦いを挑むのだが…。
そして悩める佐藤が狼として、男として槍水に告げた決意とは…?
「最強」の称号と【極み】と名付けられた弁当を手にするため、今、狼たちが集結する!
半額弁当をめぐる青春シリアスギャグ・アクション、
史上最大の特盛りで贈るクライマックス!!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
半額弁当争奪戦最終章!!

どうでもいいんだけど↑のあらすじ、なんか佐藤が魔導士に拒絶されたみたいよね;
句読点の位置がおかしい気が…;(原文ママです)

   :

前巻の槍水と魔導士の一件をきっかけに、バラバラになっていくHP同好会。
意地を見せる白粉、迷い続ける槍水と佐藤、君臨する最強の狼など、
そんな状況で交錯する、狼達の思いが切なく、そして何よりも熱い!
山原とかパッドフットとか、なんとも懐かしい面々も出てきて、
盛り上がっていく物語に否が応でもワクワクさせられる。
でもレッドよお前は何しに出てきたんだ;
最高の弁当を賭けたラストの魔導士戦も含め、本編最終章に相応しい内容だったなぁ。
しかしオルトロスや二階堂がここまで出番多くなるとは思わなかったよ。
個人的には大歓迎ですけどね! てか今回明らかに著莪より出番多いんだけど;

   :

と、最終巻に相応しい大満足な内容ではあったのだけど…ちょっと惜しかった点も。
まあ個人的な趣味のレベルではあるのだけど…
佐藤が誰とくっつくか、とかは明言せずぼかしといた方が良かったんじゃ、と思う。
この作品でこうも恋愛色を前面に出されると微妙に違和感が;
(いや面白いは面白いんだけど!)
というかいつぞやのこのラノのインタビューでラブコメじゃないみたいな事を
言ってた気がするんだけど、気が変わったのかはたまたどこかから圧力がかかったのか;

後は…弁当の描写がなかったのが、ね;
いやあのシーンはあれはあれで非常に良いものなんだけど、
【極み】とまで名の付く弁当の描写がないのは残念だったとしか!
くそう、どれだけ美味しい弁当なのかが気になって仕方がない;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<12巻の感想を読む>
<10巻の感想を読む>
<9.5巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。