スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:聖剣使いの禁呪詠唱5

   
 【本日の感想】
 聖剣使いの禁呪詠唱5
   著者:あわむら赤光
   挿絵:refeia
 レーベル:GA文庫
 my評価:A+

横線1
ロシア支部に運命を弄ばれた少女レーシャを救うため、
諸葉はランクSの禁呪使い《雷帝》ヴァシリーサを目指し、広大な帝国へ殴りこむ。
諸葉の前にロシアの猛者たちが立ちはだかるが、
全ての力を駆使して前進し、戦いは決戦の地、「エカテリンブルグ」へ――。
『禁呪』と『禁呪』がせめぎ合う歴史的大激突!

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
《最も古き英霊》vs《雷帝》!

ちょ、やばい、アンジェラさんが面白可愛すぎる!!
前巻で静乃に弄られる姿も可笑しかったけれど、
諸葉に弄られてあわあわしたり激おこだったり、
「私はお前がキライだ」とか「主の命令だから仕方なく…」なんて言いつつも、
諸葉の世話を焼いたり、諸葉のピンチ(但し基本的にアンジェラの勘違い)には
後先考えずに敵に突貫したりとなんかもう初登場時の印象を覆しまくりな
魅力に溢れておりました。AJかわいいよAJ。
さり気なく表紙飾っちゃってるし、ロシアの広大な大地を諸葉と二人旅だったり、
今巻サツキも静乃も殆ど出番なしだった事を考えると
どう考えてもメインヒロイン二人より扱いが優遇されてる気がしてならない。
てかアンジェラがメインヒロインでいいよもう;

と、アンジェラの魅力について語るのも良いのだけれど、
今回の本命は諸葉が単独でロシア支部に喧嘩を吹っ掛けるお話。
まあロシア支部に戦争を仕掛ける…とは言いつつも、
あくまでも一個人でしかない諸葉が
どんな手段でアプローチしていくのか気になってたのだけど…意外と力技デスネ;
基本的にはいつもどおりに落ち着いた印象なんだけど、
ロシア支部の幹部連中を片端から薙ぎ倒して行くのが実に痛快だった。
でもそんな力技が雷帝に合うための手段として
意外と理に叶ってるんだから驚嘆してしまうよなぁ。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



地図を塗り替えるレベルの禁呪をぶちかました諸葉も大概だけど、
それで溺れそうになったことをカミングアウトするアンジェラさんがやはり可愛らs

横線2
<6巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。