スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:百錬の覇王と聖約の戦乙女2

   
 【本日の感想】
 百錬の覇王と聖約の戦乙女2
   著者:鷹山誠一
   挿絵:ゆきさん
 レーベル:HJ文庫
 my評価:A

横線1
《蹄》の宗主ユングヴィを打ち破ったことで大陸中に衝撃を与えた勇斗。
リネーアから結婚の申し込みをされるが、現代に残してきた美月を想い困惑を隠せない。
そんな折、《雷》の若き宗主"虎心王"ステインソールが祝勝式典に突如現れ、
勇斗と一触即発の状況に。再び戦の気配が迫る中、
弟国《爪》の双子の姫君まで妻にしてくれと押しかけてきて……!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
現代知識を武器に戦う異世界召喚ファンタジー戦記第二弾!

着々と勇斗君のハーレムが拡大してますなぁ。
当人にしてみれば元の世界に本命がいるというのに、
色々とレベルの高い美少女達に言い寄られる様は
ちょっと不憫と言えなくもない。でもやっぱり爆発しr
(まあ今回追加のあの双子についてはかなり食えない部分はある)

ユグドラシルでの覇権争いにおいては、
《雷》の宗主・ステインソールの登場で緊迫した空気に。
生半可な戦術や戦略、数の差を単騎で覆すほどのチート染みた強さを持つ存在を、
如何にして相手取るかという展開に非常にワクワクさせられた!

そして今回イングリットの出番これだけかよ!
と色々とツッコミ入れたくなったけれど、次は出番が増量しそうな感じ?
(明示的に名前が出てたわけではないけど…)
本作の"0巻"に当たる部分のお話もようやく語られそうな雰囲気だし、
これは期待してしまっても良いのかな?
でもとりあえず、"あの娘"がイングリットでもそうでなくても
イングリットの出番増やして下さいおねがいしまs

◆周防勇斗◆
現代のごく普通の学生でありながら、異世界召喚後は《狼》の宗主として
辣腕を振るうまでに至った彼。…なんだけど、やっぱり普段は普通のDT学生だよねぇ。
美少女×3と風呂入って背中流してもらいながらあたふたする様子なんかは特に。
本命いるんだからもっと毅然としなさいよ…といっても無理かね、やっぱり;
とはいえ初めてステインソールと対峙した時の、
当人達以外を震え上がらせる程の威圧感なんかは
宗主としての確かな資質を感じさせてくれる。
…まあ勇斗自身にその自覚は全くなさそうだけど;
そしてそんな勇斗をもってしても頭の上がらない美月がやはり最強か;

前巻の感想で、「現代知識」を借り物の強さと自覚し、
それを活用できるのも彼の強さ…と評したけれど、
始めからそうだった訳ではなさそうね。
んー、こういうのを見るとやっぱり異世界召喚~1巻冒頭までの話が見たいよなぁ。
その辺の勇斗の成長を知っていれば、ステインソールに対しての苛立ちとか、
そういった心情にもまた深みが出ると思うんだよねぇ。
(その辺は上手く行けば次巻で語られそうなのでそっちに期待)

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



◆スカーヴィズ◆
双子姫とかスティンソールとか色々出てきた新キャラの中で、
個人的に印象に残ってるのがこの男。
「嘲笑する虐殺者(ニーズヘッグ)」とかどう考えても悪役としか思えない二つ名と、
顔色一つ変えずに相手を殺すような人間ではあるけど…個人的には嫌いになれない。
やってることの是非については難しい所だけど、
それでも勇斗が定めた法に従ってる事に違いはないしなぁ。
(ぶっちゃけ殺されたヨルゲンの子分には微塵も同情できないし、
逆にそこで例外を作ると後々面倒でもあるし。)
やたらと恨みを買いそうなその発言も、
勇斗への悪意を逸らす意図があるようにも見れるしねぇ。
意外とまともなのか、それとも実は…な人なのか、はまだ判断しきれないけど、
彼がこんな汚れ仕事を買って出ているのは、
殺された妻子への贖罪…みたいな部分があるのかもしれないね。

横線2
<3巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。