スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:スクールライブ・オンライン2

   
 【本日の感想】
 スクールライブ・オンライン2
   著者:木野裕喜
   挿絵:hatsuko
 レーベル:このライトノベルがすごい!文庫
 my評価:A+

横線1
ゲームを成績・評価に取り入れた栄臨学園。
レベル至上主義の校風に馴染めず、ぼっちプレイヤーだった主人公・零央は、
突然の大型アップデートを機に新ギルド《心の欠片(フラグメンツ)》を立ち上げ、
学園の在り方を変える第一歩として攻城戦に挑む!
――が、圧倒的な戦力不足、激レアアイテムを巡る黒い噂――
零央は無事勝ち抜けるのか!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
忍足がデレたあああああああああ!
なかなかいい感じの新キャラも色々増えて、だいぶ華やかになったけれど、
一番ニヤニヤしたのが忍足とかどういうことかと;

   :

とまあそんな野郎キャラはさておいての学園×オンラインゲーム小説第二弾。
相変わらず女性陣に弄られまくる零央が面白いなぁ。
瀧や沙耶は勿論のこと、新キャラの一年生女子からも
散々ナメられまくる零央のヘタレっぷりが素敵ですね!
(まあ沙耶のは完全に天然だろうけど…)

でもそんな普段はヘタレだからこそ、この現状を変えることを心に決め、
大言壮語を放ちながらもそれを着実に実行していく成長ぶりが
格好良いと言ったらないな!
(なんだか完全に作者様の思惑に嵌っている気がする;)
「決して最強ではない主人公」が「圧倒的不利な状況を覆していく」という
王道的カタルシスがたまらなく面白いんだよなぁ。
前巻の感想でもちょっと書いたけど、「主人公が最強でない」が故に
仲間との協力や主人公の成長が楽しめるのが非常に良い。
俺TUEEEEEも好きだけど、やはりこういう方が個人的にはストライクですわ。

   :

ちなみに次こそは水着回…らしい;

◆新藤零央◆
前巻でめでたくギルドを立ち上げた我らが主人公。
城主ギルドを目指すにあたっての会議で、瀧にダメ出しされまくる様は
なんともダメダメ感が拭えないけれど、
攻城戦での協力を取り付ける為の杏奈との一騎打ちや、
攻城戦で相対した瀧をさも当然の如く論破する様が格好良いと言ったら!
きっかけは杏奈に渡した瀧の手紙だろうけど、
本当に同一人物かと見紛う程の成長っぷりに惚れ惚れしてしまう。
良い意味でふてぶてしくなったよなぁ。
これは忍足がデレても仕方ないな!
まあ弄られポジションは変わらないんだろうけど;

プレイヤースキルこそあれど決してそこまで強い訳でもない零央が、
仲間との連携と策謀を武器に、格上の《紺碧の海》を相手に渡り合う姿に胸が震えた。

   :

関係ないけど《無敵艦隊》の剛田が地味に格好良い。
ちょっとロリコn紳士疑惑がかかっちゃってるけど!
…ウチの妹はやらんぞ?

◆穂村杏奈◆
お嬢様キャラ来た!
でも瀧の事が絡むと性格が豹変するのに苦笑してしまう。
瀧さんもっと弄って差し上げて!(酷い
いや、好きなキャラですよ?

ギルマスとして瀬川の事は信頼してるのだろうけど…
果たして瀬川の気持ちに気付くことはあるのか!? …無理だな、きっと。
あれだけ露骨な態度に対して全く気づいてない風だものね;
その上完全にぽっと出の零央にご執心なのだから、
さすがにちょっと瀬川に同情してしまう。

◆仙道拓馬◆
いやあもう清々しいまでにムカつくキャラだなぁ。
目的の為なら手段を選ばず…というスタンスから立ち上る小物臭まで含めて。
どういう経緯があったかは知らないけど、こんなのの下にいる忍足が不憫でならない。

しかし事を荒立てたくないという零央の考えも分からなくはないけど、
もうちょっと"ざまぁ"な展開があっても良かったかなー、とも思う。
こいつのやってることって犯罪一歩手前(いや今回のは思いっきり犯罪か?)だし。
ある意味では現行制度の被害者とも言えるのかもしれないけど、
だからって同情する気になんてなれないというのが本音。
根本から性格腐ってるものこの人。

   :

ところで《紺碧の海》(ディープブルー)ってギルド名って
やっぱりこの人が名づけたんですかねぇ;
に、似合わない…;

横線2
<3巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。