スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:覇剣の皇姫アルティーナ4

   
 【本日の感想】
 覇剣の皇姫アルティーナ4
   著者:むらさきゆきや
   挿絵:himesuz
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A+

横線1
帝都での戦いはレジスの策によってアルティーナ陣営に軍配が上がった。
無事に帰還し、一息ついたアルティーナ達だったが、
その時ベルガリア帝国は他国の侵略を受けんとしていた。
後にレジスの宿敵となる軍師オズワルド率いる女王の国ハイブリタニアの蒸気船団、
そしてヴァーデン大公国の軍勢が奇襲を仕掛けてきたのだ。
この開戦には留学中のベルガリア第三皇子バスティアンが関わっており――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第4弾!

前巻のラストで隣国・ハイブリタニアからの侵略を受け、
更には同時期にヴァーデン大公国からの襲撃も受けていた事が明らかになった今巻。
この危機的状況を我らが読書狂軍師殿はどう切り抜けるのか──と思わせておいて、
実は今巻、ハイブリタニア側が開戦に至るまでの裏事情がメインなので
レジスもアルティーナも殆ど出てこないというオチだった;

ということで今回は今まで名前だけ出ていた第三皇子・バスティアンが主人公。
レジスの軍略や策謀は拝むことができなかったけど、
バスティアンとエリーゼのハラハラドキドキな
愛の逃避行(本人達は全否定しそうだけど)がそれはそれで非常に面白かった!
直情径行で若干(かなり?)おバカではあるけど一途にエリーゼを守ろうとする彼と、
そんなバスティアンにツッコミを入れながらも信頼を寄せるエリーゼの
二人の関係がまた良いんだよなぁ。
(まあ"結末だけ"は最初から想像がついてしまうのが切なくはあるのだけど…)

そして次巻はレジス側に話が戻ってくるのかな。
ラトレイユだけでも一苦労だったというのに、
ラトレイユ以上に厄介そうなオズワルドなんてキャラも出てきて、
レジスがどのようにしてこの状況を渡りゆくのか気になって仕方ない!
(まずはヴァーデンの方だろうけど)

◆バスティアン◆
皇子という身分を隠してハイブリタニアに留学中のベルガリア第三皇子。
…うん、ラトレイユはわからないけどこいつは間違いなくアルティーナの血縁だわ;
向こう見ずで考えなし(はさすがに言い過ぎか;)、超人的な身体能力、と
どうにもこうにもアルティーナを彷彿とさせる。
あと意外な所でレジスとの繋がりも。
なるほど、バスティアンが微妙に厨二病をこじらせてるのは
ある意味レジスのせいでもあるのか;

そんなおバカな傾向の第三皇子だけれども、
図ったかのようにエリーゼの危機に駆けつけるのが格好良いといったらない。
(しかも二回も!)
最初こそ自分の作った物語を読んでもらう為…という
助けられたエリーゼも呆れるような理由だったりもするんだけど、
最終的には完全にエリーゼを意識している節があってどうにもニヤニヤしてしまう。

腕のなかに、エリーゼがいる。
それだけで不思議と身体が軽かった。
──疲れてる? 撃たれてる? 囲まれてる?
なにそれ、だからなに? そんな気分だった。


▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



   :

とりあえずこの第三皇子、創作物書くより自伝書いた方が
絶対人気出ると思うんだけど、如何なものか;

◆オズワルド◆
前巻でラトレイユ見た時も思ったけどこいつもこいつで…

 本ッ、当に性格悪そおおおおおお!(2回目)

まあラトレイユが露骨な悪役なら、こっちは食えない悪役といった感じかな。
ラトレイユといいこいつといい、himesuzさんいい仕事しすぎやで…。
ただ、ラトレイユはラトレイユなりに(一応は)国の事を考えてる節があるのに対し、
こっちは本当に何考えてるのかわからないのが厄介。
終盤で言った事が目的なら、質が悪いなんてものじゃないなぁ。
仕え先のマーガレットからして完全な享楽主義者だし…。
まあオズワルドの目的が何であるにしても、底が見えないのが厄介すぎる。
(武術面でも滅茶苦茶腕が立つみたいだし)

あらすじによれば、後に"レジスの宿敵"となるみたいだけど、
個人的にこいつについては"バスティアンの宿敵"でお願いします!
レジスの宿敵は…ラトレイユにもうちょっと頑張って貰うということで;

横線2
<5巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。