スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ロウきゅーぶ!11


 【本日の読了】
 タイトル:ロウきゅーぶ!11
   著者:蒼山サグ
   挿絵:てぃんくる
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

ロウきゅーぶ! (11) (電撃文庫)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
真帆のお父さんの計らいで、
小さいながらも初めての大会に参加する慧心女バスの五人。
気合い十分の彼女たちの前に立ちはだかるのは、五年生と昴の誕生日!?
感謝を込めた誕生日会を過ぎれば、あとは一気に初大会へ向けて試合モード全開!
バスケ部存続+お手伝いをかけた五年生との再戦に、五人の想いと友情が炸裂っ!?

※公式サイト紹介文より

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

随分と久々な気がするローリングスポコメディ11巻です。
実際はまあそこまででもない、はずですが、
9巻があの引きだったのに10巻は短編、次は別作品で小学生バンド、と
だいぶ引っ張られたからでしょうかね。

今回ラスト付近で六年生メンバーの親御さん達が出てきますが、
(ほぼ)全両親から娘との関係について公認状態って。
すばるん…恐ろしい子。

それはそれとして真帆パパ…公の場で奥さんにメイド服着せないで下さい。
ですがGJです。風雅さんとは良い酒が飲めそうです。
挿絵が無いのが悔やまれます。

   :

真帆パパの計らいで、公式大会ではないものの、
ついに初の大会に参加することができた慧心女バスの五人。
今巻こそはバスケ一色…かと思いきや、そんな訳はないですね。
前半はすばるんの誕生日パーティーということで、所謂いつものハーレムです。
これが無ければロウきゅーではないです。
個人的にはバスケ一色の巻があってもいいと思うんですけどね。
バスケのバの字も無い巻もあるわけですし。
まあそれはさておき。

後半は今回の本筋、バスケ大会。
といっても詳細な描写があるのは慧心女バス五年生チーム戦だけですが。
(正直「大会」である意味はあったのか、という疑問も少々)

以前の五年生チームは急造だったこともあり、
智花達にあしらわれてしまった感もありましたが…これは熱い!
一進一退の攻防が非常に熱いです。
昴ハーレムもそれはそれで良いものですが、
いやいやこういうのを待ってたんですよ!
全体の戦力では五年チームの方がやや劣っているはずですが、
葵がうまい具合に昴対策を仕込んでいるおかげでそれを感じさせず。
(勿論個々のスペックや連携精度も格段に上がってます)
立場は逆なれど、1巻の男バス戦を思い出しました。

でも個人的に一番成長を感じたのは愛莉ですねえ。
完全にコンプレックスを克服して前向きになってるのもさることながら、
同じような状況のアヤにアドバイス(?)している様は
見てて心が暖まりました。
まあ僕が愛莉推しというのもあるんですけど;

   :

しかしまた最後に一癖も二癖もありそうなキャラが出てきましたね。
なんともまた一波乱ありそうな予感ですが(というか既に一波乱起きてますが)、
おかげで公式戦にも出れそうな目処が立ってきたのは幸運なのか皮肉なのか。
もっとも慧心女バスの五年生と六年生の確執は
基本的につばひーと雅美だけなんですけどね。(しかも一方通行)

   :

本日のすばるん語録(心の声含む)の一部抜粋。

 ・ああ、たまらない。ノー小学生、ノーライフ。
 ・「俺は、子供たちの宿り木になりたいんだ」
 ・うどんは、小学生に限ると。

前回から間が開いたせいか、普段よりフルスロットルな感じです。
最後のなんてセリフだけ聞くと全く意味がわかりませんがおまわりさんこのひとでs



ジャッジメントブローとスカーレットレインはやっぱりAWネタでしょうか

横線2
<12巻の感想を読む>
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。