スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3

   
 【本日の感想】
 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。3
   著者:藤まる
   挿絵:H2SO4
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

横線1
『おまえの寿命の残り全てで彼女を生き返らせてやろうか?』
一日おきに秋月の体を乗っ取る光とのハチャメチャなニ心同体生活にさらなる事件が!
直接会う事もできない光を好きになってしまった彼に突きつけられた究極の選択――。
その答えを探る二人のもとに届いたのは、
彼ら同様に“二つの心が同居する仲間”だと名乗る人物からのメールで……。
いつでも背中合わせだったニ人が下す決断とは――!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
人格乗っ取られ青春コメディ、完結!

光ちゃんのブレないウザさが相変わらず素敵すぎて笑いが止まらない!
最終巻だというのに彼女の暴走は留まるところを知らないな。
秋月は…霞と美紗貴という両手に花状態に加え、
やたらとアグレッシブな木下君という構図でこちらもこちらで噴き出してしまう。
おいこら、ぼっちヤンキー属性はどこへ行った?
…まあそれでも霞と美紗貴に刺されないように祈る位はしておくよ。
(特に霞は洒落になってない感じが。基本的には良い子なんだけどねぇ;)
しかし今回一番(当人の欲望的に)美味しかったのは木下君だろうか…挿絵まであるし;

残り時間が少なくなっている光を前にし、
前巻で秋月が黒ローブに突きつけられた究極の選択。
そんな状況で知り合ったのは、秋月達と状況を同じくする千秋と隼人という存在。
ようやく状況を打破するきっかけを掴んだというのに…
この千秋という子はまた癖者だなぁ。
ていうかこの人達はどうしてこうも秋月をそっちの道に引きずり込もうとするんだ;
それが世界の選択なの?

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



ということでこのお話もこれにて完結。
非常に好きな作品だけに、ちょっと(というかぶっちゃけかなり)残念なのだけど
どう考えてもそうそう長くは続けられない設定だし、
まあこれで良かったのかな、とも思う。
(予定通りだったにせよ、打ち切りだったにせよ)
次シリーズの予定もあるそうなので、今度はそちらに期待するとしようかな。

何はなくとも、作者様を始めとする制作に携わった皆様、お疲れ様でした!

横線2
<Sunrise & Sunset Storyの感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです(会ったことないですが)
2巻の感想では、返信ありがとうございます。
他の読了感想も見たのですが、書き方上手ですねw参考になります。
この作品には、自力で本屋で見つけた、ということもあって、思い入れがありましたので、感想を書かせていただいた次第です
コレからも頑張ってくださいね~応援してます

Re: タイトルなし

> 麗慕さん

こんばんは、おひさしぶりです^^

> 他の読了感想も~

自分の感覚ですとむしろひっどい文章だな…と思うことも多多ですが;
それでもそう言って頂けると非常に嬉しいです^^

> この作品には~

自分で見つけた作品というのは思い入れが深くなりますよね。
その作品が面白ければ尚更^^

> コレからも~

ありがとうございます^^
リアル都合で更新ペースが遅くなったり、感想内容がおざなりになったりすることもあるかもしれませんが(極力無いようにはしたいですが;)、更新の方は可能な限り続けたいと思いますので、よろしくお願いします。
お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。