スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ロストウィッチ・ブライドマジカル

   
 【本日の感想】
 ロストウィッチ・ブライドマジカル
   著者:藤原祐
   挿絵:椋本夏夜
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

横線1
異界――【魔法の国】で起きた
【女王のための統合戦争】に巻き込まれた、鍛冶目山市の少女たち。
彼女らが身の裡に宿すのは、殺し合いの螺旋を紡ぐ奇跡と罪の力――魔法。
魔女のひとりである咲森水奈は、行方不明となった親友の少女、
早良坂人魚を捜していた。
その傍らに立ち彼女を支える少年は【魔法の国】の住人であり、そして……。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
魔女として【女王のための統合戦争】に巻き込まれた少女達の
信念と友情と裏切りの血みどろの殺し合いにゾクゾクさせられる!
腕がもげたり足がもげたり首が飛んだりと(大半は治るけど)、
血と涙ばかりの容赦のない展開にハラハラしっぱなしだった。
「魔法の国」とか「魔法」とか言葉だけ聞くと割とメルヘンちっくな雰囲気なのに、
少女達と契約した、魔法の国の体現者の"固有罪科"に基づいた魔法での殺し合いとか、
非常にダークな雰囲気と設定も好みだったなぁ。
いやあいいよねこういうの(いい笑顔

誰一人として望んで魔女になった訳でもないのだけれど、
魔法の力に魅入られた魔女が力を行使し始め、
しかも殺した他の魔女の力を取り込む事で自分をより強化できることから
統合戦争という名目の下で他の魔女を殺し始め、
そのせいで戦いを望まない魔女達も戦わざるを得なくなる…という悪循環がきっつい。

そんな状況においても、魔女達がそれぞれの信念や指針を持って行動している事に
彼女達の強さを感じる事ができるんだよなぁ。
主人公の水奈はもちろんの事、水奈達が戦う事になる四十万薫も
(事の善悪は別としても)然るべき信念を持って行動しているし、
希亜と舞衣子もそれぞれの信頼を持って成長していく事に感動を覚える。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



しかし「人魚」ってだいぶキラキラしてる名前デスネ

横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。