スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:B.A.D.11

   
 【本日の感想】
 B.A.D.11
繭墨は紅い花を散らす
   著者:綾里けいし
   挿絵:kona
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A

横線1
「繭墨あざかは、必ず殺される運命にあるんだよ」
その言葉の意味に改めて気づく。未来を見る御影粒良は繭墨と自らの死を予言した。
だが、運命は自分の手で変えられなければおかしい。
粒良は死の条件を覆すため協力を求めてきたのだ。
ふたりの死を回避するには粒良の左眼を潰さねばならない。
そのため僕らは、自らの肉を食事としてふるまう代わりに、
自殺を求める少女の宴に参加するのだが……。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
幸仁が壊れたーーーーーー!
でもってそれに黒歴史を抉られてる小田桐に噴いた。
小田桐にもそんなこじらせてる時代があったのか…まあどうでもいいんだけど(酷
しかしまたしても「神」が出現しようとはなぁ。
しかもキ○グスラ○ムみたいな事になってるし…;
そして妹同様、あさとの方もやはり「神」は苦手らしい。
どんな時でもその態度を崩さないお狐様が動揺しまくってる姿が面白すぎる!
…実はこの作品の最強キャラって幸仁なんじゃね?

紅い女の干渉とか雨香のアレとか、確実に物語が進んでる感があったけど、
何よりも印象的だったのは…やっぱり、ね。ああもう泣けてくる。

◆StoryI◆
予言の異能者・御影粒良に協力する形で訪れたとある晩餐会。
この作品においてはまあいつもの事とはいえ…相変わらず反吐が出そうな内容だなぁ。
戸羽の父親も参加者も、どう考えてもイカれてるとしか思えない。
小田桐の反応は…まあ常識的と言えば常識的だけど、
戸羽のやろうとしたことはある種順当だよなぁとも思う。

しかし御影のスタンスに内心で激高する傍ら、
繭墨の用意した"包帯"はきっちり使用するあたり、小田桐も大概だよね…。
もちろん"起こそうとする"事と、"起こってしまった"事では明確に違うし、
"紅い女"の接点を絶つという大義名分もあるけれど、どうにも言い訳臭くてね。

◆StoryII◆
あさとUZEEEEEEEEE!
いくら事実だろうがなんだろうが、
綾に吐いたセリフの数々がムカつくったらありゃしない。
それだけに七海の行動には実に胸がすっとしたけれど!
あさと相手にこんにゃくで引っ叩きまくる七海がパねぇっす。
正直七海はそれほど好きなキャラではないのだけど、今回ばかりは喝采したい。
でもくいもんは粗末にすんな;

後の幸仁の件も含めて、珍しく非常に楽しくて可笑しい話だったけれど、
"紅い女"の件が片付くまでは、これが最後の日常風景なのかなぁとしんみりしてしまう。
繭墨の昔語りもやけに印象的だったしねぇ。

◆StoryIII/IV◆

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<12巻の感想を読む>
<10巻の感想を読む>
<9巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。