スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:クラッキング・ウィザード

   
 【本日の読了】
 クラッキング・ウィザード
鋭奪ノ魔人と魔剣の少女
   著者:紫藤ケイ
   挿絵:夕仁
 レーベル:このライトノベルがすごい!文庫
 my評価:A+

横線1
天空都市《ヴァラスキャルヴ》の一画で探偵を営む主人公・ヴァルは
《鋭奪ノ魔人(クラッキング・ウィザード)》の異名を持つ
天才的グラムハッカー(魔術探偵)。
そんな彼の元に魔術器具会社の社長令嬢エーレフォーアがやってきて、
母の形見である腕輪の奪還を依頼する。
超おてんばな彼女にてこずりながら仲間の情報屋やハッカーの力を借りて
腕輪のありかを突き止めるが、その裏にはある人物の黒い思惑が……。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
天空都市を舞台にした、電脳魔術バトル開幕!
…正確には電脳とは違う気がするけどその辺は雰囲気で察して;

皮肉屋というか、若干斜に構え気味な主人公・ヴァルと、
直情径行で若干おバカなお嬢様・エーレフォーアの凸凹なやりとりが面白い!
やりとりというか、エーレフォーアが一方的に
言いくるめられてるだけという気がしなくもないのだけど;
更にそこにケルベロスの良いツッコミ(追い打ち?)が入るのが可笑しすぎる。
てかなにこのわんこ、ちょっと一匹(三匹?)欲しいんだけど。
でもその名前の付け方はどうかと思うよ! 主に最後の一頭;

ひょんな事から知り合ったエーレフォーアの依頼で、
彼女の母の形見であるとある腕輪の奪還を試みることになるヴァル。
腕輪の在処の最有力候補である超巨大企業を相手に、
魔術侵入(ハッキング)を試みるヴァルと協力者ハッカー達が熱い!
繰り広げられる電脳魔術バトルにワクワクさせられる。
エーレフォーアもエーレフォーアで、大剣片手に暴れまわる姿が痛快で良い。
しかしヴァルから借りたモノクルを着けて、「頭が良さそうに見える」とか
言っちゃうあたりもう完全に頭良くないよねこの子と思わなくもない。
でもそこが可愛いかったりする。

でも肝心の目的のモノはなかなか手に入らず。
おまけに外法集団・スレイプニルなんて組織も絡んできて、
止む無くヴァルへの協力をとりやめるランバルディ達が辛い。
何よりも辛いのは、"仕方ない"などと自分に言い聞かせてはいても
そのショックを隠しきれていないヴァルなのだけれど…。
そんな状態で仕事を続ければ確実に身を滅ぼすのは必定であり、
だからこそエーレフォーアもヴァルを案じて依頼を取り消したのだけど、
ヴァルにとってそれはエーレフォーアからも見限られたと思えたのかも。
そう考えるとほんと切ない。
(最終的にはその気遣いがヴァルにとって良い方向に作用するのだけどね)

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



いや面白かった!
同作者様の「紅炎のアシュカ」という作品も世界背景が共通らしいので、
余裕があったらこっちも読んでみようかしら。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。