スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:睦笠神社と神さまじゃない人たち

   
 【本日の読了】
 睦笠神社と神さまじゃない人たち
   著者:深沢仁
   挿絵:Nardack
 レーベル:このライトノベルがすごい!文庫
 my評価:A-

横線1
高校一年生の冬基は、睦笠神社の神主である祖父と二人、
神事をこなしつつ平穏な日々を送っていた。
そんなある日、冬基は弱ったイタチを助けたのだが……。
「我は、天と混沌の者である! 我のことはライと呼ぶがいい!」
――イタチは謎の美少女ライへと変化、神社に居座ってしまう。
美少女の登場と共に息を潜めていた物の怪たちが暗躍を始め、
奇妙な事件が起こり始める……。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
神社蘊蓄満載のちょっと不思議なおはなし。
ためになる(かどうかは人によるけど)神社知識がいっぱいです!

朝目覚めると、布団の中に美幼女が…!
なんていう展開なのに平然としている主人公・冬基の豪胆さに惚れ惚れする;
(別に驚いていない訳ではないのだけどね)
しかもその幼女は助けたイタチの変化した姿という非日常全開な展開なのに
やっぱり平然としている主人公にむしろこっちが驚くよ!
なんでこんな淡々としてるんだろう;
そんな淡々とした冬基と、不遜だけど憎めないライ、
独特なノリの冬基の幼なじみ・絢乃の、少しだけ不思議な、
でもごく当たり前の日常の雰囲気が良いんだよなぁ。
(不思議要素がある時点で当たり前の日常じゃないよ、というツッコミはさておいて)

でも冬基の住む睦笠神社に不穏当な内容の絵馬が掛けられていた事と同時期に、
冬基のクラスメイトが不幸な目に遭い始めるあたりから段々と話がきな臭くなってくる。
いくら内容が不穏当とはいえ、絵馬に願掛けされた位でそんな不幸は降りかからない、
とライは言うものの、どうしたって偶然で済ませるには
ちょっとタイミング良すぎだよなぁという展開にハラハラさせられる。
おめでとう!クラスメイトのビッチギャル(失礼)はツンデレに進化しました!(違う

そんな不幸なクラスメイトの事件はひとまず解決の目を見るものの、
その事件の黒幕である妖が睦笠神社に現れて、話は一気に急転直下。
この事件は確かに冬基が一人犠牲になればそれで済む話ではあるのかもしれないけど、
迷うことなく自分を犠牲にできる冬基はどこか壊れてるとしか思えない。
でもそんな冬基を助けるために奮闘するライと絢乃がまた格好良い。
…あれ、実はこの作品の主人公ってライと絢乃なんじゃね?

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



   :

この不思議な雰囲気は結構好きだし、ライと絢乃も可愛いんだけど、
肝心の主人公たる冬基がちょっと淡々としすぎてて
話にノりきれない部分があったかなぁ。
そんな性格だからこそ、絢乃達とのやりとりが面白いと言える部分もあるけれど、
そこは個人的に若干残念だった。

横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。