スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:問題児たちが異世界から来るそうですよ?8

   
 【本日の読了】
 問題児たちが異世界から来るそうですよ?
 
暴虐の三頭龍
   著者:竜ノ湖太郎
   挿絵:天之有
 レーベル:スニーカー文庫
 my評価:A

横線1
地獄の窯より現れた魔王アジ=ダカーハの攻撃から黒ウサギを庇い、
致命傷を負った十六夜。
ノーネームの仲間を逃がすため、命を賭け対峙したはずが、
その圧倒的な力の差に距離を取ることさえ出来ない。
さらには「ならば、こういう絶望はどうだ?」と、魔王は己を抉り、
その血液で分身体を生み出し、飛鳥たちがいる“煌焔の都”へ追わせたのだ!
アジ=ダカーハの攻撃で阿鼻叫喚の渦に巻かれた都で、耀と飛鳥の戦いの行方は――!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
表紙がまさかのリリだと…!?
ついに彼女も表紙役を張る程にまで成長を…!何故か表紙だけで感動してしまう不思議。
(本音を言うと絶対今回の表紙十六夜だと思ってたんだけどね;)
今巻は何故か本編半分、短編半分という変な構成となっているので、
短編側の主役から抜擢、ということなのかな。
しかし本編が色々と大変なことになっているというのに
表紙だけはやたらとほんわかしているのが妙な感じではある;

そして最近は過去キャラのイメージを覆すのがブームなのかしらね。
"十字架の男爵"のあまりの残念っぷりに涙が出そう;
逆にマクスウェルの魔王とかいうド変態は全くもってブレないけどな!
なんというか一応仲間のはずの魔王連盟のメンバーさえも持て余し気味の
ド変態っぷりにはキモい以外の言葉が見当たらない。
こいつの前では混世魔王さえも常識人に見えてくるから恐ろしい。
ウィラもなんでこんなのに好かれちゃったのか…。

   :

というわけで前回で非常にやばい事態に陥ったノーネーム一行。
復活した最悪の魔王・アジ=ダハーカ相手に重傷を負わせられた十六夜。
遂に現れた十六夜を上回る実力の相手に嫌でも緊張が高まってしまう。

そしてアジ=ダハーカから放たれた刺客を相手に立ち回る、飛鳥&アルマ、そして耀。
神霊である刺客を相手にしながらも、
それを物ともしない飛鳥と耀の成長ぶりには目を見張るものがある。
いやこの二人のここ最近の成長速度はほんとゾクゾクするね。
でも、それだけの実力を持ってしても十六夜に並び立つことの出来ない飛鳥、
そして十六夜と並び立つために力を開放したが故に重い代償を支払うことになる耀が、
あまりにも歯がゆくて痛ましい。
加えてそんな状況の耀とウィラの前に現れるド変態が空気読まなすぎていらっとくる;
リンもこんなタイミングでこんなド変態寄越すなよ!
厄介払いしたいのはわかるけどさぁ;

で、この方方の行方が超気になる状況で次巻に続く!とは…。
これだったら素直に短編巻と本編巻分けたほうがよかったんじゃ;

   :

短編その1は、緊張感全開の本編とは打って変わって平和なお話。
十六夜、飛鳥、耀の三人がこういう雑談に花を咲かせる展開って
今までありそうでなかったので意外と斬新。
てかようやくここで例のヘッドホンの件の続きになるわけね。

短編その2は、表紙にもなってるリリのお話。
黒ウサギにプレゼントを買おうと思ったリリが、
とある変わったお店を見つけて…という流れ。
厄介過ぎるギフトゲームに、アジ=ダハーカと並び立ちかねないレベルの魔王と、
なんか想像してた以上に物騒な感じのお話に驚愕を隠せない。
え?これリリのお話だよね?
でもそんな厄介な状況でも、コッペを助けようと諦めないリリと、
リリの願いを聞き入れるノーネームのメンバーに心温まるんだよなぁ。

そして耀ちゃんの意外(といったら失礼だけど)な特技発見!
あのチート級マルチプレイヤー十六夜を超えるとは侮れない…。

横線2
<短編集の感想を読む>
<7巻の感想を読む>
<6巻の感想を読む>
<5巻の感想を読む>
<4巻の感想を読む>
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。