スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。4

   
 【本日の読了】
勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。4
   著者:左京潤
   挿絵:戌角柾
 レーベル:ファンタジア文庫
 my評価:A

横線1
勇者試験直前に魔王が倒されてしまい、勇者になれなかった少年ラウル、
父親である魔王が倒されて居場所が無くなった魔王の娘フィノ、
そしてラウルの勇者予備校時代のライバル・アイリの三人は、
王都にあるマジックショップで一緒に働いていた。
ある日、ラウルの妹・ミュリが上京してきて、まさかの職場見学!
しかもミュリはラウルが勇者になっていると信じ切っていて……。
「勇者のお仕事って、もっと、派手だと思ってた」
「へっ?」
「勇者って、ただ、戦うだけじゃないんだね」

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
勇者の卵と魔王の卵が織りなす、ハイテンション労働コメディ第四弾!
なんかもう副店長の不遇っぷりには同情を禁じ得ない…。
結構頑張ってると思うんだけどなぁ。彼にはもうちょっと良い事があってもいいと思う。
…………無理か。

今回は兄が勇者になったと信じこんでいるラウルの妹ちゃん・ミュリが
ラウルの元に来てしまう、というお話。
職場見学…というか半職場体験という形でレオンで働くミュリと、
その面倒を見るフィノの構図が微笑ましいといったらない。
やたらと先輩ぶりたがるフィノが可笑しいんだよなぁ。(でも気持ちはよく分かる)
そこでミュリに教える内容は相変わらずズレまくりではあるものの、
なんだかんだで一番重要な事はきちんと教えてるのだから侮れない。
店員に余計なサービスなんて求めない、と言う人もいるけど、
接客業たるもの(最低限の)笑顔と言葉使いは必要だと思うのです。

そして遊園地に行くラウル・ミュリ一行。
勇者になりきるツアー…は結構だけど、
あのフルメイルのスタッフは絶対に人選ミスだと思う;
夢を与える場所なのにやたらめったら現実的すぎるわ!
あれか、所詮遊園地のアトラクションなど人工の幻想にすぎないと
現実をつきつけてるとでもいうのか!
でもだんだんと人見知りが解けてきて、
フィノに心を開いていくミュリの姿には頬が緩むものがあるなぁ。
とりあえずフルメイルのスタッフはさておくとしても、
魔王のクオリティにダメ出ししまくるフィノも大概だと思う。平常運転とも言うけれど。

結局あまり望まない形でラウルの秘密がミュリにバレてしまった訳だけど、
トラブルに巻き込まれたミュリを颯爽と助けにくるラウルは、
例え勇者という名義は無くとも、誰よりも勇者らしいと思う。
村の方への影響も、上手い具合に落ち着いたみたいだし終わり良ければ…かな。
しっかし言い出しにくいのもわかるけど、
勇者制度の廃止は別にラウルのせいじゃないんだから
妹ちゃん含めてさっさと村の皆に報告しちゃえばよかったのにねぇ。
でも一応本人もそれは自覚しているみたいだし、あれだけ勇者になれるわけがないと
言われ続けていた事情を考えるとそれもちょっと酷か。

物語後半でバトル絡みのトラブルに巻き込まれるのは
この作品のお約束になりつつあるけど、
ちょっとテンプレになってきてる感もあるかなぁ。
僕がこの作品に求めてるのはどちらかといえば世知辛い日常要素なので
別に大した問題ではないんだけど、ね。
(まあ僕があまり間をおかずにシリーズを読んでるから余計にそう思う部分もある)

   :

物語中盤~終盤で出てきた勇者マニアの客について。
んー、確かにこれは間違いなくレオン側の不備なんだけどねえ。
そういう意味では客側が言ってる事は尤もなんだけど、
それをネタにあれこれ注文つけるのはただのクレーマーだよなぁ。
百歩譲ってこの客が注文つけていいのは、商品を家まで持ってくる、
という所までだろうね。(当然誰が持ってくるかという指定は問題外)
人間も魔人も生き物である以上誰しもミスはあるんだから、
この程度の事であればきちんと謝罪してる時点でそれを許す度量くらいは欲しいところ。
とはいえ現実はもっとおかしなクレーマーが居るというのだから笑えない…。
客は決して神ではなく、店側にも客側にも、
然るべき礼儀はあるということを履き違えちゃいけないよ?

横線2
<3巻の感想を読む>
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。