スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:白銀の救世機3

   
 【本日の読了】
 白銀の救世機3
   著者:天埜冬景
   挿絵:黒銀
 レーベル:MF文庫J
 my評価:A+

横線1
フォートレス級との戦闘から三ヶ月。
進化し続けるXENOの脅威に晒されながらも、
アルツたちの過酷な戦いの日々は続いていた。
ある日、クーラが殺されたという一報が、
要塞都市から逃れてきたリィザによって伝えられる。
ゾットのこれ以上の暴走を止める為に要塞都市へと潜入したアルツたちだったが、
そこで重大な事実を知ることになる。
だが、それは全てのゼノイドの存亡を賭けた戦いの幕開けにすぎなかった。
「大丈夫だ。ゼストマーグは、必ず俺に応えてくれる」
想いが繋がるへヴィバトルアクション、二十年の時を越え、物語は核心へと―――。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
感情を力に変えるへヴィバトルアクション、第3弾!

いや今回も熱かった!
強大過ぎる敵と真相を相手に失意の底に沈みつつも、
両親の想いを受けて逆境から立ち上がり、
そこから己の道を突き進むアルツやその仲間達の行動にとにかく燃えさせられ、
巨大ボスを相手に成長・進化していくゼストマーグとアルツ達にワクワクが止まらない!
今回一度は一人きりになってしまったアルツだけど、
少しずつ仲間を取り戻し、前に進む姿に感動さえ覚える。
やはりこのストレートな熱さがこの作品の最大の魅力にして面白さだよなぁ。
今まで謎めいていたクーラやゾット司令の真意にも驚かされたし、非常に面白かった!

あ、今回はアルツのトンデモ行動はありません。(なかったよね?)
アルツも常識人になってしまったなぁ。
その成長が嬉しくも有り、ちょっと寂しくもあり。
…まあ実際はボケを入れてるようなシナリオ的余裕がなかっただけかもしれないけど;
今回はどっちかというとフランとメリッサの応酬のが面白かったね。
この二人も良いコンビやわぁ。

   :

ちなみにこの1~3巻、新人賞応募時の作品を3分割して再構成したものらしいです。
ということで応募時の「白銀新生ゼストマーグ」としてのお話はここでおしまい。
…って、「白銀の救世機」としてもなんかこれで終わりっぽい雰囲気が;
キリが良いと言えば非常にキリが良いとこではあるけれど、
好きな作品だけにやっぱりちょっと残念だなぁ。
(しかしこの内容を1冊分にまとめてたというのも凄い話ではある)



…そういえば結局XENOってなんだったんだろ;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。