スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ラストセイバー3

   
 【本日の読了】
 ラストセイバー3
叡智の花嫁
   著者:兎月山羊
   挿絵:荻pote
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

横線1
西暦2140年――。
史上最悪の敵「天使」の容赦ない猛威によって、人類が絶滅寸前になっている世界。
2015年からタイムスリップした名薙は、騎士候補生として重要な任務につく。
それは、城塞都市・京都の女王に即位する少女の護衛。
何事もなく進むかに見えた戴冠式だったが、
強敵の襲撃にパニックが巻き起こるのだった……。

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
新次元異能バトル、ついに最高潮へ――!!

今回は美少女達と京都観光!
というなんともうらやまなシチュエーションの名薙君。
そしてアニカと二人きりにしてあげようという真無の心遣いがニクい。てか怖い。
そのために一服盛るとか行動がもうぶっ飛びすぎですえこの子。
絶対に敵に回したくはないけれど、味方でも気の休まらないヒロインとか色々酷い;
でも今回、端々にアニカへの嫉妬が見え隠れしてたことにちょっとニヤニヤ。
まあ名薙のPQCをハッキングして盗聴&盗撮やっちゃうアニカさんも大概だけどな!
その上でちろっと男のサガに流されただけで針のむしろな名薙には同情せざるを得ない。

そんな折、京都の次期女王・エリザと知り合う名薙。
なんというかこの姫様も色々ぶっ飛んでるなぁ。
見た目も喋りも(妾喋り)いかにもおぜうさまといったエリザだけど、
自室に訓練用のトラップ仕込んでおいたりとか色々おかしい;
手裏剣飛んでくるとか普通に死ぬからね?
装甲姫とかおてんば姫の異名は伊達じゃないということか…
そのうち壁蹴破らなければいいけど;
でもそんな破天荒な性格だからか非常に親しみが持てて、
京都の住民からの信頼も厚いというのが見ていて微笑ましい。

そして行われるエリザの戴冠式。
名薙が護衛についたパレードこそつつがなく終了したものの、
(話の流れ的に)天使が黙っているはずものなく。
しかもその現れた天使というのが、天使のトップ・プロアテルだというのだから
驚愕を隠せない。でもファーストインパクトは天犬が持っていったな!
こいつらキャラ濃すぎるわ;(主にカナギの見た目

プロアテルと天犬、そしてバルディウスの圧倒的な強さを前に、
後ろ向きになってしまう騎士団の面々。
そこに喝を入れる名薙には本当に惚れ惚れしてしまう。
成長しては微妙に後退したりと、なかなかやきもきさせられる事も多い彼だけど、
全てにおいて覚悟を決めた彼の姿は正に主人公の名に相応しい。
完璧主人公も良いけれど、やっぱりこういう成長していく主人公の方が好きね。

《共に戦ってくれ────この"剣聖"と》

   :

という訳で、このラストセイバーもこれにて打ち切r完結。
個人的に非常に好きな作品だっただけにちょっともといかなり残念。
そのせいで正直駆け足気味だった感じも否めないし、
ちょっと謎が残ってしまった感も。
(他のナイツオブエンドすっ飛ばして今巻でラスボスだったとか、
何で真無とか荻谷が異能使えたんだろ、とか)

でも短い間ではあったものの、楽しませて頂いた事に感謝を。
次回作が出るのか、出たとして買うのかはまだわからないけど、
次回作にも期待しております。なにはなくともお疲れ様でした!


▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<2巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。