スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:ロウきゅーぶ!13

   
 【本日の読了】
 ロウきゅーぶ!13
   著者:蒼山サグ
   挿絵:てぃんくる
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

横線1
いよいよ始まったそれぞれに因縁を持つ硯谷女学園との公式試合。
六年生&五年生の頑張りに硯谷も全力で向かってくる。
そんな一進一退の白熱する展開の中、慧心女バスにアクシデントが発生し……。
「しっかりとあたしの役目をはたすぜ!」(三沢真帆)
「ゆうじょう、ほほえみ、ふぇあぷれー」(袴田ひなた)
「わたしたちのバスケを守らなくちゃ!」(香椎愛莉)
「ふふ……。みんな、本当にありがとう」(永塚紗季)
「私たちにできる最高のバスケを形に!」(湊智花)
エースとして先輩として自覚を持ち始めた未有に加え、
確実に力を付けた綾とトリッキーな怜那。さすがは強豪校の硯谷だが、
智花たちには彼女たちの武器がある! はたして試合の行方は──!?

※公式サイトより

横線1

◆総感◆
物語は佳境に差し迫る、ローリングスポコメディ第13弾。
対硯谷戦も後半戦へ!

いやあもうほんと感無量という感じ。
よくここまで成長したなあと我が子を見守る親の様な心境。
文字通りの一進一退、点を取って取り返して。
慧心も硯谷も、対戦の中でどんどん成長していき、
次から次へと繰り出されるファインプレーにもう目が離せない!

第三クオーターの真帆のアクシデントには肝を冷やされたけど、
控えに回る真帆を説得するつばひーという中々珍しい光景にニヤニヤしてしまう。
いやもうこの問題児×2も丸くなったなぁ。
そして真帆が抜けた穴を埋める、
かげつ、ミミ、雅美の活躍も見事で否応なく胸が熱くなる。

実力はほぼ互角、どちらが勝ってもまったくおかしくないせめぎ合い。
そんなギリギリの戦いを繰り広げた、
屈指の名勝負の結末には本当に涙が出そうになったなぁ。
うん、実に良い試合だった!
まあ心の奥底ではほんのちょびっと不満がない訳でもないのだけど、
今巻も非常に面白かった!

   :

…すばるんの問題発言が無い…だと…!?
と思ったら何故か微妙に方向性がおかしなことに; 宗旨変え?(多分違う

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<14巻の感想を読む>
<12巻の感想を読む>
<11巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。