スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:黒鋼の魔紋修復士

   
 【本日の読了】
 黒鋼の魔紋修復士
   著者:嬉野秋彦
   挿絵:ミユキルリア
 レーベル:ファミ通文庫
 my評価:A-

横線1
"神聖同盟"に12人しかいない、憧れの"神巫"に任命された少女ヴァレリア。
しかしその美しい肌に刻まれた"魔紋"を委ねる紋章官は、よりにもよって男、
かつ超性格の悪い少年ディミタールだった。
純潔の肌を男にさらす乙女心と、各々の立場から対立してしまうふたりだが、
そんな彼らに初仕事となる任務が与えられる。
それが"贖いの主"たる神、レドゥントラを巡る壮絶な争いへ続くとも知らず……。

※公式サイトより

横線1

◆総評◆
仲悪っ!!
と思わず第一声で叫んでしまう程度に仲が悪い主人公とヒロイン。いやほんとに。
お仕事上の主人と付き人とでもいうべき二人がこんな仲悪くて大丈夫なんかいな;
でもそんな二人の凸凹なやりとりが面白かったといえば面白かったと言えなくもない。
…まあ
  ヒロインが世間知らずorおバカな発言(行動)
 →主人公が正論で突き放す
 →ぐぬぬ
というパターンを"やりとり"と言ってもいいのかは知らないけれど;

ただそのせいか、主人公が淡泊すぎるという印象もあった。
実際問題この主人公、ぶっきらぼうだけど根は優しい…とか、
愛がある故にヒロインを弄る…とかそういうんじゃないからなぁ。
仕事だからヒロインに付き従ってるだけで(しかも実際はあんまり従ってない)、
ヒロイン自体を終始どうとも思ってないような感じなのよね;
(一応終盤のあたりは、1mm位はプラス感情を持っていた…と思いたいのだけれど。
でもあれはどっちかというと諦観か;)

それが良い!という人もいるとは思うけど、個人的にはもうちょっとヒロインに対して
感情の揺れがあっても良いと思うのです。
そのせいか面白いと思える部分は確かに面白かったんだけど、
なんでここまで言いたい放題言われてるんだろう…と思う部分もあったのが残念;
いやまあ確かにディミタールのが間違いなく正論ではあるんだけど。
(ちなみに、序盤のヴァレリアのルキウスに対しての好意を知って、
わざとルキウスとの仲を見せつけるディミタール…というあたりは非常に好き。
てか男に嫉妬すんなよヴァレリア;)

やっぱりね、理不尽なヒロインに主人公が虐げられようが、
理不尽な主人公にヒロインが虐げられようが、
そこに感情が伴わないと面白くないなー、と思うわけですよ。
(ただでさえ、こういうのは好みが分かれそうだし)

ヴァレリアは結構好きなんだけどねー。結構あほの子だけど、そこがまた良い。
あとガチャピンクもといベッチーナも。甲冑かわいい。

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。