スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:C3-シーキューブ-17

   
 【本日の読了】
 C3-シーキューブ-17
episode CLOSE / the last part
   著者:水瀬葉月
   挿絵:さそりがため
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

横線1
蒐集戦線騎士領に占拠された大秋高校を奪還し、
周辺一帯の騎士領化を食い止めるべく反攻を開始した春亮たち。
ン・イゾイーほか学校内に残るメンバーとも連携を図り突破口を開こうとする。
しかし、敵は騎士領だけにとどまらず、黒絵を狙う竜島/竜島師団の師団長も
春亮たちの前に立ちふさがる。そして三つ巴の天王山に向け、
運命が、呪いを知る《彼女たち》を大秋高校に誘う……。
夜知家の未来を賭けた戦いとそれぞれの想いの行方は、
そしてフィアに隠された重大な秘密とは?

※公式サイトより

横線1

◆総評◆
呪われた道具達の物語、堂々完結!

そんなわけでラストエピソード後半戦。
タイムリミットまで刻一刻と近づく中、騎士領化を止めるべく奮闘する春亮達。
しかし対峙するのは、時間が経つにつれ強化される騎士連中、
空気を読まない《最弱誤信》、領主及び領主の護衛集団と、
一筋縄では行かない強敵ばかり。
この絶体絶命の状況をどう覆すのか、そしてフィアの呪いは──
と、いかにもラストバトルという様相に(実際ラストバトルだけど)
これ以上ないくらいに燃えさせられた!
物語前半の春亮とイゾイーの、学外学内それぞれの二面作戦、
そして後半のバトルがガチで熱い!
懐かしのあの人とかこの人とかも色々出てきたしね!
うん、こういう展開は嫌いじゃない。というかむしろ大好きだ。

多少なれども思う所がなかったわけでもないこのシリーズだけど、
それでもここまで読んでて面白かった!と言える作品でした。
作者様を始め、この作品の制作に携わった皆様、本当にお疲れ様でした!


さて、次は魔女式の4巻か胸が熱くなるな(※出ません

   :

とりあえずあとがきのキャラ紹介、色々とぶっちゃけすぎだYO!
錐霞と渦奈と泰造の扱いがあんまりすぎる…;

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<16巻の感想を読む>
<15巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。