スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。2

   
 【本日の読了】
 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。2
   著者:藤まる
   挿絵:H2SO4
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

横線1
ある事故で死んだはずのハチャメチャ少女・夢前光。
彼女の人格が、1日おきに俺の体を乗っ取るようになり約3ヶ月。
俺は、彼女との交換日記で衝撃の事実を知る!
『坂本くん! い、妹ちゃんに彼氏が!』。
なんだと? しかし、なぜか妹は膝を抱えて半泣き状態。
実に不機嫌な様子でダダをこねる……。うん、わからん。
そんな夏休みの朝、事件は起こる。
いつもより5分早く訪れた俺らの人格入れ替わりタイム――それは、
夢前光が生き返っていられる時間が5分減っているという残酷な事実だった……。

※公式サイトより

横線1

◆総評◆
BL展開きたー!!(※未遂です)
風城ってまともに見せかけてちょっと思考おかしいよね。
まあ風城より頭おかしい人間もいるけどな!(ぶっちゃけまともな人間の方が少n)

いやー笑った笑った。
前巻の失敗を糧にして、今回はちゃんと家で読んだから遠慮無く笑えたぜ!
相変わらず光のウザ可愛さは全開だし、妹ちゃんもアレだし、
霞は更に腹黒くなってるし、新キャラもいい具合に暴走してくれてほんと面白かった!
そろそろ秋月の社会的生命が0通り越してマイナスになってる気がしてならない。
だが構わんもっとやr

もちろんコメディ部分だけでなく、
光にまつわる(あるいは光が巻き起こす)トラブルに、
全力でぶつかる秋月の姿も熱くて、こっちも十二分に楽しませてもらえた!
……妹ちゃんの彼氏騒動? まあアレは…秋月、苦労してんな…としか;
(オチには全力で笑わせてもらったけどね?)

今巻の最後の最後で投下された爆弾は──ちょ、ええええええ;
なんか超深刻な事態になってるんだけど、このまま次巻で完結とか言わないよ…ね?
着地点も見えずにダラダラ続けられるのも困るけど、
非常に好きな作品だけに個人的にはもっと続いて欲しいというのが本音。
いや別に次巻で終わりとか書いてあった訳でもないけどさ;

   :

表紙の背景に「ボクキミ」と書いてあることに今更気付く。
略称は「明日ボク」じゃなかったのか…;
(よく見たら1巻の表紙背景にも書いてあった)

<作品要素>
・入れ替わり
・ラブコメ
・腹筋崩壊
・BL(あくまでもネタです。念の為。)

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<3巻の感想を読む>
<1巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

このライトノベルが凄い新作部門10位だったから、打ちきりではないのでは?w
というか、そんなに人気あったとは!サイコーだぜぇ

Re: タイトルなし

> 麗慕さん

ええ、この作品を投票した人間が言うのもなんですが、正直もっと順位低いか圏外だと思ってました^^;
打ち切り云々については…すてらや黒ローブなどが結局何者だったのか、が明かされなかったので、
もしかしたら打ち切りだったのかな?とも思った次第です。
(もっともよくよく考えれば、例え打ち切りだったとしてもその辺の真相を明かす事位は出来たと思うので、そう考えるとすてら達の正体は最初から明かす気がなかったのかもしれませんね。終わり方自体は綺麗に終わってますし。)

いずれにせよ、惜しい作品が終わってしまったのは一読者的にはちょっと残念です^^;

(補足)
打ち切り云々を書いたのは3巻の感想になります。知らない人がこの感想とコメントだけ見るとなんのことかわからない気がしたので念の為補足です;
お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。