スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ読了記録:オカルトリック


 【本日の読了】
 タイトル:オカルトリック
   著者:大間 九郎
   挿絵:葛西 心
 レーベル:このライトノベルがすごい!文庫
 my評価:B

オカルトリック (このライトノベルがすごい! 文庫)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

正確には本日ではなく数日前の読了なのですが、
初ブログが今日なので仕方がありません。

で、肝心の内容です。
なんというか…非常に癖のある作品でした。
主に文体とキャラが。
この作者様、前作の「ファンダ・メンダ・マウス」という作品も
だいぶ癖のある文体だったらしいので、そういうのが売りなのでしょうか。
まあ前作については読んでないので詳しくはわかりませんが。

キャラについては…ほんとに癖が強いです。
メインの3キャラを取り上げてみると

・基本丁寧な物腰ながら言動とか行動が色々㌧でる女装癖(語弊あり)のある探偵助手
・引き篭もりで助手にないことないこと教えるア○ゾンの奴隷なオカルト探偵
・メンヘラJK


うん、実に曲者揃いです。
ラノベのキャラなんて大抵大なり小なりおかしい部分がありますが(酷え)、
こうして文字でまとめても実際に読んでもやっぱり強烈です。

とりあえずナチュラルに女装する玉藻君が素敵すぎです。
ねえさんは個人的には結構好きです。でも実際にいたら関わりたくありません。
メンヘラは怖いです。
でもこの人達のやりとりはバカバカしくて好きです。
個人的には結構くどいと感じる部分もありましたが。

でもシリアスな所はきっちり締めている印象です。
(玉藻の過去話はシリアスというか重い…)

なんだかんだ言いつつも面白い作品でしたが、
僕にはちと癖が強すぎた印象です。
正直2巻はどうしようかなー、という感じですが、
最後の引きがあんなだったので、結局続きが気になって
買ってしまいそうな予感。

やっぱりメンヘラ怖いです。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。