スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:強くないままニューゲーム

   
 【本日の読了】
 強くないままニューゲーム
Stage1 -怪獣物語-
   著者:入間人間
   挿絵:植田亮
 レーベル:電撃文庫
 my評価:A+

横線1
昼休み前の平和な教室を、突然巨大怪獣が襲った。俺は、踏みぶされて死んだ。
――直後。視界に謎のコンティニュー選択の画面が現れた。「Yes」の表示を選ぶ。
すると、昼休み前の、『死ぬ直前』の教室に戻った。つまり、生き返った。
そして、俺と敷島さんの二人だけが気づく。この世界が『ゲーム』だということ。
再びあの巨大怪獣が襲ってくるということに。
俺たちは、強くないままニューゲームを繰り返す。

※公式サイト紹介文より

横線1

◆総評◆
突如として現れた巨大怪獣。72時間を指し示す謎のタイムカウント。
プレイヤーが死ぬとマイナス2時間のタイムカウントをペナルティに、
巨大怪獣が現れる少し前の状況に巻き戻される――
といった感じのループ+ゲームもの。

何の力も持たないごく普通の高校生二人が
体長40mはあろうかという巨大怪獣を相手に立ち回り、
幾度となく死と巻き戻りを繰り返しながらもクリア条件と方法を探り、
時間制限に追われながらも本当に僅かずつではあるもののクリアに近づいたり、
あるいは遠のいたりする展開にページを捲る手が止まらなかった!
いやあこういう作品ってやっぱ好きだなー。
この無理難題をどう切り抜けるのかというワクワク感がいいよね!

ただ主人公とヒロインの二人が、こんな状況だというのに
緊張感があるんだかないんだか分からないような語りだったりするので
違和感を覚える人はいるかもしれないということ、
あとがきによると「このゲームはなんなのか」ではなく
「このゲームをどうするか」という事が主軸のようなので、
若干人を選ぶ部分があるのは注意した方が良いかも。
ついでにいうならあんまり爽快感のあるタイプの作品じゃないし;

正直なところ、ゲームの正体が語られなさそうという部分には
もやもやする部分がなくもないのだけど、
個人的にはゲーム攻略要素だけでも十二分に楽しめたのでまあ良いかな、
という感じでした。ゲームの続きがすごい気になる!

<作品要素>
・ゲーム(トライアンドエラー、但しクソゲー・無理ゲーの類)
・ループ要素
・不条理な境遇
・入間人間

▼▼▼クリックで感想を全て表示(ネタバレ注意!)▼▼▼



横線2
<2巻の感想を読む>
横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。