スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了感想:デスニードラウンド

   
 【本日の読了】
 デスニードラウンド
ラウンド1
   著者:アサウラ
   挿絵:赤井てら
 レーベル:オーバーラップ文庫
 my評価:C

横線1
多額の借金を持つ女子高生のユリは返済のために、銃を持ち、
己の命をリスクに晒す……そんな危険な傭兵稼業に手を出した。
彼女は合法・非合法を問わず危険な仕事を請け負う「死に損ない」ばかりの
松倉チームで仕事を始めるが、なぜか連れて行かれたのは都内のバーガーショップ。
「こ、これ、ヤバくないですか!? 超ヤバイですよね!?」
ユリの初仕事は、なんとバーガーショップの
マスコットキャラクターを襲撃することだった…!
不可思議な仕事依頼をきっかけに、
銃弾と血と笑い声が飛び交う常軌を逸した夜が始まる──
ユリは未来を切り開くために戦い抜けるのか!?

※公式サイト紹介文より

横線1

◆総評◆
なんというカオスな作品。主に背景設定が。
とりあえず北海道と群馬と栃木の扱いがひどい;
あとこの作者はハンバーガー業界に何か恨みでもあるのか;

そして肝心の内容については………これは、どうにも。
救いようのない環境に叩き落された女子高生が傭兵稼業に身をやつし…という
中々にヘヴィーな設定なのだけど、それだけに日常シーンは非常に和む。
大野の弄られっぷりも面白いし、松倉の主夫っぷりには噴き出してしまう。
(でも正直山田はウザい)

なんだけど、肝心の傭兵稼業としてのシーンがなぁ…。
銃好きには垂涎ものなのか知らないけれど、
なんかやたらと銃の固有名詞が出てきて、読み辛いことこの上ない。
(一応銃の説明は為されてるものの、いまいちピンと来ないし…)
戦闘自体もリアリティ重視のためなのか、爽快感や高揚感、
カタルシスを覚える類のものでなく、いまひとつ面白いと思えなかったなぁ。
主人公の活躍も殆ど無いし。

主題としては、生きるということの厳しさ、残酷さを描いている…ということなのかな?
そういう意味では十分に描けていると思うのだけど、
じゃあそれが面白かったかと言うと個人的には…ということです。
もうちょっとエンターテイメント性があればよかったのかしら。
いやまあロナウダはある意味でエンターテイメント性の塊みたいな存在だけども。

   :

作品としては合わなかったけど、食事の描写は伝統芸と言うべきか。
食欲を的確に刺激する食事シーンの描写はさすがと言うより他ないな!
かきあげ!やきにく!
…まあ、本家と違って食欲を減退させるシーンも多いんですけどねー。
バーガーショップのバイト店員がミンチになったりしてるし。

しかしOVL文庫の創刊作品は主人公の多額の借金縛りでもあるのか;

▼▼▼感想の詳細を全て表示▼▼▼



横線1

非常に励みになりますので、もしお気に召して頂けましたらクリック頂けると幸いです。
     
FC2 Blog Ranking     
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせなど
ようやく出張終わりました…。なんとか以前のペースに戻して行ければ、と思いました…が。

【ご案内】
このブログについて
リンクについて

ブログ3周年記事その1
ブログ3周年記事その2

since 2012/09
あくせすかうんと
プロフィール

木彫

Author:木彫
ラノベを主食とする駄人間。感想については感覚優先で書いてます。

※ツイッターはこちら

評価内訳
私的評価の内訳です。

A+…とても面白かった!
A …面白かった!
B+…まずまず満足
-- 満足or不満足のライン --
B …やや合わないかも
C+…あんまり合わないかも
C …相性が悪かった…


【補足】
※A+が最高評価ですが、そんなにレアな評価ではないです。一定ラインを超えて面白いと思えば気軽に付けてます。(なので同じA+の作品でも内部的には結構ブレがあったりしますがご了承下さい)

※基本的に評価はシリーズ二作目までにしか付けてませんので、こちらもご了承下さい。

▼2014/10/18以前▼
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メール送信
管理人に何か連絡などありましたらこちらからご連絡下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク(ラノベ関連)
リンク(その他)
ブログランキング
下記ランキングに参加してます。
よろしければぽちっと押して頂けると幸いです。


FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。